お金の話 コラム ライフハック

貯金できない人は、「1,000円は大金」と肝に銘じる。収入が多くても、無駄づかいはNG。

ポイ活も良い、固定費削減も良いけど、それよりも大事なことがある。節約をする上で、持っておくべきマインドがある。

 

1,000円は大金!

 

と理解しておくこと。貯金できない人は、往々にして支出が多い。

 

収入が多くても、支出が多ければ、お金はたまらない。

 

無駄づかいする人はお金に対して敬意を払っていない。「1,000円の価値」をゴリゴリに舐めてる。

 

僕の小学校の高学年の時、おこづかいは月に1,000円。これで十分楽しめていた。

 

ブログを始めて月に1,000円を稼ぐことのエグさを知った。誰かに雇用されないで、1,000円稼ぐのがいかにハードルが高いか、意外とみんな知らない。

 

貯金したいなら、「1,000円は大金」というマインドを、自分に刷り込みましょう。無駄づかいなんてしていられないはず。

 

Mr.Somebody
・全然貯金できなくて悩んでいる
・毎日ついつい無駄づかいをしてしまう

 

という人にむけて書きました。

 

最初に結論から!

 

この記事のまとめ

  • 節約術など小手先のテクニックよりも、「1,000円の価値」を噛み締めるマインドの方が重要
  • ナメていると1,000円はすぐになくなるが、工夫して使うと選択肢は無限大
  • 雇われ以外で1,000円を稼ぐ経験を積むと、1,000円を無駄づかいできない体になる

 

記事の前に自己紹介

 

・アラサー会社員ブロガー
・一浪・一留を経て難関国公立大学理系を卒業→大手ブラック企業→超大手企業
・AbemaTVのオファーを受け、ひろゆきと討論しました
・20代で貯金1,200万円達成
・映画・読書・音楽と膨大なインプットから、生活に人生を充実させるノウハウを発信

 

スポンサーリンク

無駄づかいをしないために

最近世の中を見ていると、お金にまつわる話がブームだと思う。投資とか倹約術とか。

 

僕はもともと社会人になったら、ちゃんと貯金をしたいって思ってた。学生時代はあまりにお金がなかったので、その反動。

 

社会人になってから、このブームが起こる前から、お金に関しては意識が高かったと思う。

 

社会人になってから、使ったお金は全部メモしてるで!

 

大人になりつくづくマネーリテラシーは重要だと思う。どれだけ能力が高くても、マネーリテラシーがないと、お金に悩み続けることになる。

 

マネーリテラシーを高めたいなら、本「お金の大学」がオススメ!

 

この本に賃貸の初期費用を安くする方法が載っていて、今の家に引越してくる際に、試しに実践してみた。

 

なんと4〜5万円は値切れた。約1,500円の本だったので、30倍のリターンがあった。知らんかったらエラいとこやった。

 

 

そんなお金にまつわる話で、高頻度で目にするのは、節約・倹約の話。

 

確かに節約・倹約は効果は大きい。勤めている会社で固定給を1万円あげるのは難しい。しかし月に1万円節約するのは、今月からでもできたりするし。

 

 

「節約術をご紹介!」ってので、ネットでも、YouTubeでも、本でも、至る所で見かけます。

 

しかし「ポイント活用術」みたいに、もらえるポイントをいかに効率的に貯めるかという視点も多い。節約なのに使うことが前提になっちゃってるのが気になる。

 

使うのが前提で、その使う分を減らす。これは確かに節約。しかし本当の節約は、そもそもお金を使わないことなはず。

 

ちなみに僕は社会人になって5〜6年の20代。貯金は1,200万円超。

 

上には上がいるだろうけど、身の回りの人に貯金額で負けたことはまだない。かかってこんかい。

 

自分がこれだけ貯金できた理由を考えてみる。

 

お金がやっぱ好きやねん

 

たぶんシンプルにこれが最も大きい。小手先のテクニックではなく、マインドの話。

 

こちらもCHECK

20代で貯金1,200万円を突破。貯金できたコツは「お金がめちゃくちゃ好き」だから。世の中の人はもっとお金を愛し、お金に執着すべき。

続きを見る

スポンサーリンク

副業をして学んだ「1,000円の価値」

僕はブログを始めて、4年が経った。大学生活を一回分の期間をブロガーとして過ごした。まぁオレ留年したから5年やけど。

 

副業であるブログを始めて、資産は増えた。これは間違いない。

 

Mr.Somebody
そんなにブログで稼いでるなんて、羨ましい!

 

ともし思われた方がいたら、それはあまりに大きな間違い。全然稼いでいなかったし、今も収益はかなり少ない。

 

ではなぜ貯金できたのか。これには大きく2つの理由があります。

 

  • ブログをすることで、ストレス解消になり、散財が減った
  • ブログが全然稼げないから、お金のありがたみが増した

 

文章を書くって、かなり楽しい。古来から人間が続けている娯楽のひとつ。

 

歴史がある。凄まじき先人がいるし、現代にもほとばしる才能を持った人たちがいる。やり込み要素がかなり多い。

 

わけのわからない娯楽にお金を払ってストレス発散するより、文章を書きアウトプットする。こちらの方が断然楽しい。お金もかからない。

 

こちらもCHECK

一人暮らしの最強の節約術は、副業である!副業のオススメは、コストが少なく熱中できるもの。ストレス解消にお金がかからなくなる。

続きを見る

 

ハマっている副業を持っておくことは、収入はならなくても、節約術として機能する。

 

副業が楽しくて、ストレス発散の飲み会を一回行かなくて済んだ。飲み会が5,000円なら、副業収入5,000円と扱っても良い。

 

 

ブログでは下積み時代がかなり長かった。というか今も下積み。今もなお続く足軽時代。せめて外様大名になりたい。

 

しかしメリットもある。お金の重要性がほとほと身に染みた。アフィリエイトで始めてモノが売れたのが、開設して半年後で、利益は数十円。

 

広告であるGoogleアドセンスを導入。全く利益は出ない。一日に数円〜数十円とかザラ。

 

広告収入で月1,000円稼ぐのってマジで大変・・・

 

1日に30円でも利益が出ていればラッキー。そんなラッキーが毎日続いて、1ヶ月で1,000円稼げる。そんな世界。

 

副業収入の厳しい現実を数年間も見せられる。これで「1,000円は大金」って思わない方が、どうかしていると思う。

 

 

サラリーマンの時給単価は平均で約2,000円。会社の定時後にオフィスでダラダラと残る。

 

30分残って帰ると、残業単価もあるしで、これで1,000円以上稼げる。この感覚でいると、1,000円に敬意を払わなくなる。

 

会社員やバイトなど雇われている身での1,000円は、時間が経てば入ってくる。だからありがたみが薄れる。

 

副業を始めて、自分で稼いでみる。1,000円の収入を得ることの難しさを痛感する。

 

1,000円は大金!

 

改めて言っときます。

スポンサーリンク

1,000円の可能性は無限大である

小学5年生だか6年生だか、おこづかいは月に1,000円だった。もちろん「もっと欲しい!」って気持ちはある。

 

しかし特に困ったこともなかった。BOOKOFFでマンガを買う。集めているマンガの新刊も買う。たまに遊戯王のストラクチャーデッキを買う。

 

1,000円で1ヶ月間を満喫できてたよな

 

しかし大人になると、1,000円の持つ価値が急速に消えていく。飲み会に一度参加するだけで、3,000〜5,000円かかる。

 

電車賃が重なると、あっと言う間に1,000円を超える。タクシーなんか乗ったら、数千円は余裕で無くなってしまう。

 

会社員や大人は、これに慣れすぎ。もっと1,000円を敬うべき。1,000円の持つ無限の可能性を、思い出さねばいけない。

 

 

ブログを始めて数年は月の収益が1,000円を超えたことがなかった。そんな虎の子の1,000円。ムダにしたらバチが当たる。

 

「1,000円」という制限で、できることはめちゃくちゃある!

 

Twitterも140文字という制限があったからこそ、ここまで世界的なムーブメントになった。何文字でも良かったら、多分こんなにも流行っていない。

 

こちらもCHECK

制約・制限を味方にする!仕事でもプライベートでもできないことや苦手なことを認めて、その状況を利用する。制約があることのメリットを考察。

続きを見る

 

例えば僕が思いつくのはこんな感じ。

 

1,000円でできることって?

  • 文庫本の小説を買って読める
  • 中古の本なら何冊も買える
  • マクドナルドでセットを食べれる
  • 気になってた映画を数本レンタルできる
  • 動物園や美術館に入れる
  • ブログで1ヶ月いつでも遊べる(サーバー代)
  • 各種サブスクを1ヶ月使える
  • クラブに行ける(ドリンク代)
  • スーパーで好きな惣菜やお菓子をお腹いっぱい買える
  • 銭湯に入れる
  • お笑いライブに行ける
  • ずっと気になってた駅で降りれる
  • お世話になっている人に、ちょっとしたプレゼントが買える

 

などなど。他にももっとあると思う、とにかく1,000円は僕らのチャンスを広げてくれる。

 

利益率にもよりますが、電化製品店やアパレルや雑貨屋で、原価が1,000円を切っているモノも多い。

 

1,000円もプロが使うと、化けるのだ。1,000円の価値を最大化する。これが最強の倹約術かもしれない。

雇われ以外でお金を稼いでみる

1,000円の価値を感じるためには、会社に頼らず自分でお金を稼いでみるのが一番良い。

 

副業なんて稼げるに越したことないけど、稼げなくてもメリットがある。お金のありがたみを噛みしめれることだ。

 

会社員・サラリーマンの時給はだいたい2,000円。定時が終わっても、なんとなくオフィスでダラダラする。

 

30分ダラダラして、残業したことにして帰る。これで1,000円相当。

 

さっきも書いたけど、大事なことなので、もう一回書いたよ。

 

Mr.Somebody
1,000円ってすぐにもらえるやん

 

こう思ってしまうと、一生1,000円をありがたがることはできない。

 

オシャレなランチを食べると、1,000円では足りない。飲み会に行くと、1,000円の何倍もの値段がする。

 

ちょっと歩くのが面倒だからとタクシーに乗ると1,000円は一気に消える。

 

さっきも書いたけど、大事なことなので、もう一回書いたよ。

 

ナメていると、一生1,000円をありがたがることはできない。

 

 

1,000円はナメていると、すぐに溶ける。しかし大事に使うと、工夫して使うと、大きな可能性を秘めている。

 

雇われ以外で、お金を稼いでみよう!

 

僕からの提案。会社とかバイトとかではなく稼ぐ。時給いくらの世界から距離を置いてみる。

 

別に月に副業で数万円稼ごうなんて言ってない。

 

とりあえず自分で副業を始めてみて、1,000円稼いでみてほしい。めっちゃ難しいから。本当に難しい。

 

1ヶ月毎日決まった文字数を書いても、なかなか月の収入は1,000円に届かない。

 

この経験をしておくと、1,000円を無駄に使うなんて絶対にできない体になる。

 

たかが1,000円、されど1,000円、1,000円だけどご縁!

まとめ

では、最後にもう一度この記事をまとめます。

 

この記事のまとめ

  • 節約術など小手先のテクニックよりも、「1,000円の価値」を噛み締めるマインドの方が重要
  • ナメていると1,000円はすぐになくなるが、工夫して使うと選択肢は無限大
  • 雇われ以外で1,000円を稼ぐ経験を積むと、1,000円を無駄づかいできない体になる

 

このブログは、僕の実体験、考え、趣向をもとに記事にしている雑記ブログです。会社員をしながら、毎日少しづつ書き溜めています。

 

この記事が面白ければ、是非他の記事も読んでいって下さい。貴重な時間を頂きありがとうございました。ではでは!

-お金の話, コラム, ライフハック

© 2022 会社員コルレオーネBLOG Powered by AFFINGER5