コラム ライフハック 人間関係

コンプレックスを克服する。自分が挫折した目標を達成した人と同ランクに行けばOK。

2023年3月10日

会社員コルレオーネBLOG

関西出身、独身アラサー|ゆとり世代サラリーマンが、現代社会を生き抜くサバイバル術を発信|ABEMA primeに出演、あのひろゆきとも討論|一浪一留、GPAは平均の半分以下|就活で覚醒し内定5社。就職偏差値SSランクの企業へ、年収100万円UPで転職。|30歳で資産2,100万円達成|

あなたにコンプレックスはありますか?もしコンプレックスがあるなら、克服したいと思いますか?

 

僕の偏見ですが、コンプレックスを抱えていない人は、この世にいません。もしいないなら、マジの超絶的な天才、もしくは何もチャレンジしてこなかった人、どちらかでしょう。

 

Mr.Somebody
・人生で大きなコンプレックスを抱えている
・克服したいコンプレックスがある

 

という人にむけて書きました。

 

この記事を読んでくだされば、

 

コンプレックスを克服し、人生をもっと充実して生きていくことができるようになります!

 

自分が挫折してしまった目標を達成した人と、同じレベル・ランクにまで登ればコンプレックスは解消できます。

 

例えば僕の場合ですが、大学受験で挫折。第一志望の大学を現役・浪人と、2回受験したのですがどちらも不合格。しかし転職で入った今の会社は、僕が第一志望としていた大学卒の方がめちゃくちゃいる。

 

あの時に第一志望に受かってても、結局は同じ今の会社で仕事してたのかも

 

と感じたんですね。自分が第一志望に受かっていたパラレルワールドでも、今と同じ状況なのかも。そう思うと不思議とコンプレックスは消えていきました。

 

大人になってからでもコンプレックスを乗り越えることができます。今から。全ては今から次第。

 

この記事のまとめ

  • 僕の挫折経験は大学受験で第一志望校に落ちたこと
  • 達成できなかった目標を達成した人と同じステージに立つ、これがコンプレックス克服方法
  • 挫折から立ち直った分、ストレートに進んでいる人よりも強い

 

記事の前に自己紹介

 

・祖父は紫綬褒章を受賞、父は株式会社の社長、そして僕はアラサー会社員ブロガー
・一浪・一留を経て難関国公立大学理系を卒業→大手ブラック企業→超大手企業
・AbemaTVのオファーを受け、ひろゆきと討論しました
・当ブログで120万文字を執筆、累計PV数は100万突破
・30歳で貯金1,500万円達成

 

 

コンプレックスは誰しも抱えている

人生にとって失敗は重要。下手したら、成功よりも失敗の方が大事かもしれません。

 

失敗を繰り返すことで僕らは成長していきます。しかし失敗には大きなデメリットも潜んでいます。それはコンプレックスを生む可能性があること。

 

これは非常に厄介。コンプレックスが一度生まれてしまうと、一生かけて付き合っていかないといけない。厄介な持病のようなものなんですね。

 

こちらもCHECK

失敗するよりも挑戦しない方が罪深い。失敗の先にしか成功はない。

続きを見る

 

努力する。挑戦する。挫折する。コンプレックスが生まれる。そのコンプレックスでチャレンジ意欲を失くす。卑屈になる。

 

こんなバッドスパイラルが起こってしまうと。嫌ですねぇ、自分で自分の可能性を狭めてしまうんだから。

 

 

コンプレックスがエネルギーになるという場面も多くあります。持たざる者だからこそ踏ん張りが効くシーンも確かにある。

 

しかしその一方でコンプレックスで、その場を動けなくなってしまうこともある。あなたにもきっと、誰かに触れてほしくないコンプレックス、ひとつやふたつはあるはず。

 

「悩みは持っておいた方がいい。悩みがないと、新しく悩みを創ってしまう」、これは島田紳助の言葉。

 

言われてみると納得。しかしこうなると、そのうちに「コンプレックスがないことが、コンプレックスなんです」なんてことも起こり得る。

 

贅沢な悩みだけど、人生における挫折や克服したい目標がないというのは確かにつまらなさそう。つまり人類は全員、コンプレックスから逃れることができない。世知辛い。

僕のコンプレックスを語る

大学入試で挫折を味わった

 

こう見えても、僕もね、コンプレックスあるんですよ

 

僕の友達
どうも見えてねぇよ

 

ブログの冒頭では、以下のように自己紹介をしています。しかしこれは僕の人生の良い部分だけを、抽出したもの。実際はしょうもない凡人なわけです。

 

  • 難関国公立大学理系を卒業→大手ブラック企業→超大手企業
  • AbemaTVのオファーを受け、ひろゆきと討論
  • 当ブログで120万文字を執筆、累計PV数は100万突破
  • 30歳で貯金1,500万円達成

 

しかしこれは僕の人生の良い部分だけを、抽出したもの。実際はしょうもない凡人なわけです。

 

僕の人生にはコンプレックスが色々ある。勉強面、学歴、仕事面、対人関係、恋愛関係、ブログの実績などなど。とにかくどんな角度で切っても、コンプレックスは噴出してくる。

 

「私の体を切れば血が出るように、音楽が出てくるのです」みたいなことを、昭和の有名な音楽家の人が言ってた。奇遇ですね、僕は身を切るとコンプレックスが出てきますわ。よろしく、どうぞ。

 

色々あるけど、特に大きなコンプレックスはこのふたつ。

 

  • 大学受験で第一志望に落ちた
    現役・浪人で挑戦、二度受けるも不合格
  • 部活を途中でやめた
    中学・高校ともに途中で退部

 

勉強面とスポーツ面どちらも、コンプレックスあり。この男、バランスが取れている。そんな感じ。

 

特に大きいのが一つ目の大学受験。入試なんて10年以上前なのに、いまだに引きずるというのだから、人生は思いもよらない。いわゆる「学歴コンプ」ってやつ。

 

中途半端にトライしていたのなら、言い訳もできる。しかし一日に10〜12時間くらい勉強していたし、そこそこガチだった。それで落ちたのだから、自分の落ち度と言う他ない。ああ、言い訳したい。

コンプレックスの立ち直り方を知っておくべき

「どうせチャレンジするなら、一生懸命やろうぜ!」というのはいかにも正論っぽい。ただミスった時のリカバリーまでは、意外とみんな考えていない。

 

まぁトライする前から、失敗した時のことを考えるのも変な話だから、それはそれで良いんだけど。しかしガチ挑戦からの、挫折からの、一生モノのコンプレックス、ここの立ち直り方も知っておくべき。

 

コンプレックスを感じるくらいなら、「最初から努力しない方が良い」なんて思うようになったら、もったいないよね

 

僕の友達
コンプレックスの立ち直り方は知っておいた方が、人生では役に立つはず

 

挑戦を応援する人は多い。しかしその後のことは無関心。ミスったら、知らんぷりしてくるし。挫折を味わっても、放置だし。

 

そもそも日本は切腹文化。どこかで間違ったら、その時点でゲームオーバー。介錯頼んますよ、そんなテンション。失敗後の復帰方法は、歴史から学べることはなく、自分で考えるしかない。

コンプレックス克服方法とは?

大学受験で第一志望に落ちた。しかも2回も。そんなコンプレックスを10年近く抱えていたけれど、最近になって急に薄れてきた。

 

これには明確な理由がある。それは転職。一念発起し転職活動をして、キャリアアップの転職を達成したことに起因する。

 

こちらもCHECK

【実体験】アラサーが転職活動で、大手企業に内定をもらうまで。転職ですべきことをまとめました。

続きを見る

 

僕が転職で入社した今の会社は、誰もが知っている大企業。一緒に働いている人も、高学歴で優秀な人が多い。

 

第一志望だった大学卒の人がいっぱいいる!!

 

これが入社した直後の感想。話していると、同じ部署にも、僕の第一志望大学卒の人が何人もいる。

 

もしあの時に第一志望に受かってても、結果的には今の状況と同じだったのかも

 

こう考え始めると、コンプレックスがみるみる弱まった。

 

自分が達成できなかった目標を達成した人。その後の人生で、その人と同じステージに立つ。これ以上にコンプレックスを克服できる方法はない。

 

 

例えば高校受験に失敗して、滑り止めの高校に入学。しかし大学受験で奮起し、ハイレベルな大学に入学。

 

もともとの第一志望だった高校の人たちも多くその大学に進学していました。こんな状況だとコンプレックスはかなり薄れる。

 

例えばスポーツ推薦をもらえずに、念願の高校に行けなかった野球部。しかしその後進学した先で、甲子園に行きました。これでもかなり劣等感はなくなる。

 

同じステージに立つ。同じランクに位置する。こうなると、コンプレックスを気にしなくなる。そこに至る経路が違っただけだと捉えられるようになる。

 

プロセスが違っただけだと思うと、気にならなくなるよ!

 

数学の問題でも、解法はいくつもある。スマートな解き方もあれば、コスパの悪い解き方もある。しかしいずれでも解き切れば正解。得点は同じ。

 

途中のプロセスはそこまで関係ない。最終的な状態が正しければ、それで評価してもらえる。人生もこれと同じかもしれない。

むしろ相手にコンプレックスを!

ここからは上級編。若干めちゃくちゃな意見ではあるけど、次は自分がコンプレックスを与える立場になる。

 

実際に与える必要はないんだけど、それくらいの心意気が大事。

 

例えば僕の第一志望だった大学に受かっていた人に、「こいつは挫折を乗り越えて、今同じステージにいるのか」とビビらせるそんなイメージ。

 

挫折から立ち直る。コンプレックスを克服する。こんな人はきっと強い。失敗したけど、結果的に失敗していなかった人と同じレベルにまで到達。こんな人はきっとやり手。

 

コンプレックスはなかなか消えない。だったら苦しくても、エネルギーにすると開き直った方が良い。

 

消えないコンプレックスをモチベーションにできたら永久機関!

まとめ

では、最後にもう一度この記事をまとめます。

 

この記事のまとめ

  • 僕の挫折経験は大学受験で第一志望校に落ちたこと
  • 達成できなかった目標を達成した人と同じステージに立つ、これがコンプレックス克服方法
  • 挫折から立ち直った分、ストレートに進んでいる人よりも強い

 

サラリーマン生活をより豊かにするための情報に特化し、ブログの記事を投稿しています。会社員をしながら、毎日少しづつ書き溜めております。

 

この記事が面白ければ、是非他の記事も読んでいって下さい。貴重な時間を頂きありがとうございました。ではでは!

  • この記事を書いた人

会社員コルレオーネBLOG

関西出身、独身アラサー|ゆとり世代サラリーマンが、現代社会を生き抜くサバイバル術を発信|ABEMA primeに出演、あのひろゆきとも討論|一浪一留、GPAは平均の半分以下|就活で覚醒し内定5社。就職偏差値SSランクの企業へ、年収100万円UPで転職。|30歳で資産2,100万円達成|

-コラム, ライフハック, 人間関係

© 2024 会社員コルレオーネBLOG Powered by AFFINGER5