会社員コルレオーネBlog

サラリーマン人生を充実させよう!相棒は映画・音楽・本!

サラリーマンはストレス耐性が命!考え方を変えれば、メンタルが変わる!

サラリーマンに必要なスキルの1つに「メンタル力」
とかく理不尽な縦社会、他にも色々な能力が求められますが、この能力の必要性を否定できる人はいないのでは!?  

 

怒られること、凹むこと、イライラすること。
多々ありますよね、それが精神を蝕んでいく。
現在、メンタル疾患が多いのもそういった背景から。  

 

今、強く持つべきは「フィジカル」よりも「メンタル」なのかも!
実は僕、人から「鋼のメンタル」と評されています。
周りの同僚からも、「メンタルモンスター」とも言われている有様。
まぁ若干揶揄されている感じは否めませんが、僕の「メンタルコントロール」の秘訣伝授します。

 

会社はストレスのデパート

会社にいると、とかくストレスが多く、メンタルにきます。
理不尽に怒られたり、筋の通っていない説教もしばしば。


ムカついて論破できる自信があっても、理性が働き言い返せない自分に腹が立ったり。 感情的になっている人を見て、冷静になるも「言ったもん勝ちかよ」って感じたり。  

 

かくいう僕も、パワハラむき出しで接してくる管理職だったり話の通じない事務の女性がいたりとなかなか大変。
この女性も、49の独身ですぐに感情的になるから困りもの。
「50にして天命を知る」どころか、「50にして情緒不安定のまま」ってとこでしょうか。  

 

まぁ、他にもストレス要因は多々。
ですが、まぁ余裕ですね、ぬるい!笑    

 

f:id:BitCorleone:20190910201725j:plain

アドラー心理学を使おう!

何年か前にブームになったアドラー心理学。
ベストセラーにもなった「嫌われる勇気」。  

 

アドラー心理学の、エッセンスの1つは「物事の捉え方」。
何かの出来事が起こっても、その受け止め方は人によるというもの。
 めちゃめちゃ辛いことが起こっても、そのことをどうとらえるかは個人次第ってなわけです。
普通の人なら、立ち直れないことが起こっても、それを「特に辛くない出来事」として捉えればOKというロジック。  

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

自分の感情は自分でコントロールできる、そういうわけです。
実際この考え方は面白く、世の中の事象と自分の間に1クッション設けられますね。
誰かにバチバチ怒られても、「怒られたけど、ショック受けないことに決めた」とすればOKですから。笑  

 

なかなか難易度が高いのも事実ですが、僕はこのアドラー心理学実践しています。
メンタルにくることがあっても、「まぁ、こういうこともあるよね!」と脳内変換できたら余裕です。
同じ出来事があっても、人によっては絶望したり、ケロッとしていたりしますからね。  

 

肉体的痛みは万人共通、だがメンタル的ダメージはそうではない!
ストレスがあっても、どう捉えるか主導権は自分にある!

怒りをエネルギーに代えよう!

思い出しイライラをトリガーにする

続いて、イライラをコントロールするメンタル術。
これ結構大事、思い出しイライラありますよね。
他人に強く言えない人ならなおさら。

 

これも考え方1つでなんとかなる。
まずは、怒りをトリガーにする方法。
思い出してイライラすると、頭から離れないですよね、繰り返しイライラしちゃう。  

f:id:BitCorleone:20190910204328j:plain

 

昔僕は思いました、でイライラすることばっかり思い出して、重要なことに頭使えないのかな」って。
重要なことって例えば、「ブログの記事内容」とか。  
人によっては、「仕事のアイデア」とか、「担当しているものスケジュール」とか、それこそ「1週間の献立」などなど。

 

色々考える優先順位が高いものはあっても、考えるのが面倒くさくなる時ってありますよね。  
ここで、おススメは思い出しイライラをした時に、「○○について考える」と決めておくこと。


つまりイライラをトリガーにしておくのです。
 僕は、「あの人が、この時に言っていたことムカつく!」って思い出した時に、「ブログで書く内容」を考えるように癖づけました。 

 

「怒っている状態」はいわばエネルギーに溢れている状態。
このエネルギーを、考えたら自分のプラスになるであろうことを考えるのに使うべき。

 

イライラすることを不意に思い出した時。
それをトリガーに、優先順位の高いことを考える様にクセづける。
(僕はブログの記事で何を書こうか考えてる)

トレーニングや身体的パワーにする

他にも、運動がおススメ。
ランニングや筋トレが相性いいですね。
トレーニングをして限界を感じた瞬間に、普段ストレスを感じた出来事を無理やり思い出し、最後のパワーに変える!  


面白いもので、エネルギーに変えると、自分の中でスパッと終わらせれます。
「ムカついたけど、自分の活動の燃料にできたな」と。
自分が嫌なこと、トラウマだったこと。
これらを昇華した時、初めてすっきりわけです。

 

f:id:BitCorleone:20190910205151p:plain


  アーティストが歌詞にする様に、映画監督が映像にする様に、小説家が文字にする様に。
というわけで、自分のメンタルにダメージを与える何かしらの経験は行動の肥料にするのが良いという話です。  

 

ムカついたことは、思い出してエネルギーに!
イライラすることも自分の糧にしよう!

怒りをエネルギーに代えよう! 

うつ病など様々な精神病も耳にするこの頃。
充実した毎日を行うために、健康管理はマスト。
それは、フィジカルとメンタルともにです。
まぁ、雑に言えば「マジメに捉えすぎないこと」が大事ですね!


どうしようもないこともあるし、自分のせいでないこともあります。  
反省して、次の行動に活かせるものは活かす。
そうでないものは、無視。  
まぁ、どこ行ってもだるい奴はいるんで、頑張って行きましょう!         

 

本当にショックを受ける位大事なことはたった一部。
他は適当に流せば良し!

 

ではでは!