会社員コルレオーネBLOG

サラリーマン人生を充実させよう!相棒は映画・音楽・本!

SOUL SCREAMとTHA BLUE HARB!クラシックは聴いておこう!

「知っているつもりで、実はちゃんと聴いたことない」
そんなアーティストっていますよね。
今回はそんな痒い所に手が届く(完全に個人的に)回です。

何となく軽く、うわべだけ知っているものの、本当のファンに出会って話した時に、
「やばい、もっとしっかり聴いておけば・・・」
ってなった経験あるのは、僕だけではないはず。

思いたったが吉日、勉強せねば!

SOUL SCREAM/The Positive Gravity ~案とヒント~

日本語ラップ史を語る上で、絶対欠かせないのがSOUL SCREAM!
そんなレジェンドグループの燦然と輝く名盤が「The Positive Gravity ~案とヒント~」!

実は、SOUL SCREAMは今までちゃんと聴いてきてなかったんですね。
恥ずかしながら。

代表曲の「蝶と蜂」も日本語ラップにハマり始めた初期に聴いたくらい。
周りに詳しい人も少なく、調べていると日本語ラップにはクラシックと呼ばれる曲があると知り、その1つが「蝶と蜂」でした。

 

youtu.be


ビートもなんやかんや聞いたことあったし(R指定とDOTAMAのバトルが有名ですね)、聴いてみました。
しかし、あまりハマらず・・・


まぁ、今から思えばヒップホップ偏差値が低かったのが原因だったと思います。
正直、最初クラシック楽曲達の魅力があまり分かりませんでした。
あの名曲「証言」でさえ最初聴いた時、「よくわからん、、、毎日磨くスニーカーとスキルってフレーズはどっかで聞いたことあったな」とかそんな感じでした。


しかし、「証言」は事あるごとにワードが出てきており、「分からねばまずいのでは・・・」と思い繰り返し聴くうちに、良さが分かりだしたとそんな次第でした。
これは、洋楽にハマった時の僕が見つけた黄金律「5回聴いて良さが分かった音楽は一生モノ」に共通します。

 

youtu.be


そんなわけで、「証言」の趣深さは分かったものの、「蝶と蜂」はおざなりに。
そして、代表曲の魅力が今一つ分からなかったということでソウルスクリームも結局深堀することなく終わっていました。


しかし、名前はよく聞く。
これはちゃんとチェックしないとと常々思っていたので、これはいい機会と今回CDを購入。

さて、初めてソウルスクリームのアルバムを聴いてみたわけですが・・・・

f:id:BitCorleone:20190711193604j:plain


これがかっこいい!!

マッチョなヒップホップではまるでなく、知的な遊びをしているヒップホップといった感じ。
もしかしたら、今の10代でこの良さ・面白さ・奥深さ分かりづらいかもしれません。
しかし、チャート上位の曲に飽き飽きしている20代以上からしたらきっと面白いはず。
「大人の鑑賞に耐えうるヒップホップ」とでも言いましょうか。

決して感情的になることなく、穏やかにライムしている様はクセになりますね。
紡ぐ言葉の妙もさることながら、ビートも良い。

DJセロリのセンスが冴えわたっています。
現在フリースタイルダンジョンのDJをしていますが、ZEEBRAの慧眼と言わざるを得ない。

聴き込み甲斐があります。
ソウスク侮れない・・・

「蝶と蜂」しか知らないって人も是非聞いてください。

B’zで「ultra soul」だけ知っているって人にはならないように!

 

The positive gravity?案とヒント?

The positive gravity?案とヒント?

 

 

THA BLUE HERB/STILLING,STILL DREAMING

ブルーハーブに関しては、本当に名前だけ。
代表曲も知らず、ただベテラングループというだけしか知りませんでした、恥ずかしや・・・

去年にヒップホップ好きの方とお酒を飲む機会がありました。
まだまだディープなトークもいない中、かなりその会合は盛り上がりました。
影響を受けたアーティスト、好きなバトル、好きなリリックなどなど語っていました。

「その際に、ブルーハーブ聴く?」って聞かれました。
どうも、その方の最も好きなラップグループだったようで。
「聴いてた方がいいんだろうな~」位に考えていたのですが、なんとなく聴かずに今日まで。。

というか、「THE」じゃなくて、「THA」なんですねそもそも。
そこからですわ。笑

さて、言わずと知れた北海道を代表するヒップホップクルー!
満を持して、1作目にして、代表作「STILLING,STILL DREAMING」を聴きます!

 

f:id:BitCorleone:20190711193649j:plain

 

これもかっこいい!!

まず、北海道の駅のアナウンスから始まり、MCであるBOSSの

レコードの針は変えたか?

でアルバムが始まる、、、これはかなり鳥肌もの。
男っぽさ全開です!

 

BOSSのライミングがまず良いです。
言葉の尖り方がかっこいい、そして言葉の詰め込み方がたまらない。

 

自分たちの信念、地元北海道でラッパーとして活動するということを伝えてきます。
その熱意がイヤホンを伝わってくる訳です。
とにかく覚悟が溢れていて、それをライムで詰め込みまくっているという感じ。

 

当時は音楽の中心は東京、しかし地元で活動を続けるというヒップホップを貫いたブルーハーブ。
もし、ブルーハーブがいなかったら今のヒップホップシーンはなかったのではないでしょうか。
地元密着型の元祖と言っても過言ではない。

 

個人的に好きな曲が8曲目の「孤噴」 !
なんならラップかも怪しいのですが、最高にエネルギッシュ!

BOSSのアカペラから始まります。
ほとんど語りや独白に近い、内容はヒップホップシーンへの威嚇
そして、不意にBGMとして入ってくるハーモニカ。
男節にやられます、男が男に惚れる瞬間ですよ。

近々最新アルバム出すみたいなので、もっと深堀りしたくなりました。

 

STILLING STILL DREAMING

STILLING STILL DREAMING

 

 

まとめ

一歩踏み出せば、世界は広がるものです。 
思えば、「知ってるようで知らない」ものって多いですよね。

迷ったら一歩踏み込むのが大事ですね!

ではでは!

 

続きはこちら!

www.bit-corleone.com

 

前回記事はこちら! 

www.bit-corleone.com