コラム ライフハック 読書

人生が虚しく感じる。なんとなく虚しいと思いながら生きることの対策を考える。実は虚しさは、満たされていることの裏返しなんです。

人生が虚しく感じる、分かります。これ結構僕も悩むんです、他人事じゃない。我が身に降りかかっている問題なんですね。

 

しかし虚しさを感じない期間もあるんです。考えてみると、それは切迫した期間。仕事でめちゃくちゃ追い込まれているとか、受験勉強で必死だったとか。

 

目の前に問題が差し迫っている時は、虚しさを感じないんです。というか虚しさを感じる余裕なんてないってのが正直なところ

 

つまり虚しさを感じれるってことは、ひとまずのものは満たされている可能性が高いんですね。なかなかに贅沢な悩みなんです。まずはこれを自覚しましょう。

 

そしてその上で、虚しさを感じる毎日から脱却する方法を考えていきます。読み終わる頃には、虚しさの「む」の字どころか「m」の字も消えてなくなっているはず。

 

・人生が虚しく感じる
・毎日なんとなく虚しさがつきまとう

 

という人にむけて書きました。

 

最初に結論から!

 

  • 虚しさを感じるということは、人生に余裕があるということ
  • 虚しさへの対策方法は、目標を立てることと、悩み事を作ること
  • 今の幸せを再確認しよう、日本に生まれれる確率はたった0.6%なのだから

 

 


スポンサーリンク

人生が虚しく感じる

虚しさと豊かさは、実は紙一重なんです

ふと生活の中で虚しさを感じる瞬間がある。最近はマシだけど、一時期はひどかった。朝から晩まで虚しさを感じまくり。

 

おれって、何のために生きてるんだろうか・・・

 

と四六時中考え込んでいるわけですね。もちろん答えなんて出やしません。答えのない問いをずっと、ぐるぐる頭の中でぶん回しているんです。

 

僕のようにふとした瞬間に虚しさを感じる人はいるかもしれません。「人生に意味などないのだ」なんて、達観してしまっている人もいるかもしれません。

 

しかし僕は虚しさを感じ続けた、ハイパー虚無エグゼクティブマスターとして、最近気づいたことがあります。

 

虚しさとは、充足の裏返しである

 

ってこと。ここで充実ではないのがミソです。虚しさに必要な要素は退屈もありますが、これは当たり前すぎるのであえて触れません。

 

人間退屈するとロクなことはない。漫画のデスノートの一話目のタイトルも「退屈」でしたし。

 

僕が虚しさを特に感じていた時期を振り返ってみますと、その時って特に足りないものがない状態だったんですね

 

  • 定職に就いている
  • 自分の属しているコミュニティがいくつかある
  • パートナーがいる
  • 奨学金も借りていない、借金もない
  • 貯金もしている
  • 健康である
  • 家族もみんな健康

 

とざっくりこんな感じ。現代社会のインフラはおおよそ揃っている状態だったんです。ハングリー精神も特に湧いてこなかった。

 

決して順調ではないけど、悪くはない。これをもって一個のゴールとしてしまってもいいくらい。上を目指せばキリはないけど。

 

つまり人間は、満ち足りた状態になると、虚しさを覚えやすくなるのです。というか虚しさを感じる余裕を持ってしまうのです。

何か欠けていると、虚しさは感じづらい

もし僕が今失業中で職を探し求めているとすると、おそらく人生の虚しさを感じることはないはず。普通に考えれば逆なんですけどね。

 

なぜなら毎日きっと必死だろうから。虚しさを感じているヒマや余裕はありません。

 

もし僕が弁護士とか医者とか公認会計士とか、超難関資格を取得しようと勉強しているとします。きっと虚しさを感じはしません、忙しいだろうから。

 

そしてこれも予想ですが、2つとも達成し喜びを噛み締めきったら、そこからまた虚しさを感じてしまうと思うのです

 

どれかひとつでも欠けてしまうと、人間はその穴を埋めようとします。補完作業の優先順位が一番高いからです。

 

足りないもの、満たされていないものをカバーしようと奮闘するのです。そして一旦、状況が落ち着くと、余裕が出てしまう。その余裕で、余計なことを考え出して、虚しさを感じるようになると。

 

向上心などあれば別です。ある程度整った状態では、満足せずさらに上を目指すので、暇はありません。まぁつまり僕には向上心はなかったってことになるのですが。笑

 

人生に虚しさを感じている人に朗報、あなたは満たされている状況にいる可能性が高いです

スポンサーリンク

僕も昔はめちゃくちゃ虚しかった

いやー、虚しい時期の多い人生を送ってきました。いつが一番虚しかったか。考えてみると、新入社員の頃だったかな。

 

といっても、いきなりブラックだったわけじゃありません。のちのちブラックにはなるのですが、最初の数ヶ月は残業もほとんどなく、至って平和でした。

 

ここは僕の出自にも問題があったですね。一回浪人して、一回留年して、やっとこさ大学を卒業。就活の時点では、足に重い重い鎖を巻かれた状態でスタートしたのです。

 

負けてたまるか!何としても内定取ってやるぜ!

 

やる気マックス、鼻息が荒い状態で、就活ををスタートしました。フルコミットしたこともあり、複数内定をもらって、なんとかフィニッシュ。

 

留年しても就職は余裕!就活で留年の対処法を徹底解説!具体的な成果とプロセスがあれば大丈夫です!

 

就活はおおむね成功、よく頑張った自分。しかし大きなミスも冒していたんですね。それは内定を取ることがゴールになってしまっていたこと。

 

つまり安定した職をゲットする、これが達成できた時点ど僕からしたらクリアだったんです。会社に入ってから、何をするのかなんて後の後の後の話だったと。

 

そんな思考のまま社会人へ。なりたかった正社員の社会人になれた、固定給もらえる、社会的な立場もできた。僕も健康、家族も元気。借金もない、奨学金も借りていない。

 

欲しかった状態になりました。出世欲なんてもともとなかったので、仕事ができるようになるなんて優先順位低め。

 

はい、どうなったか。

 

あれ、毎日面白くないし、なんか虚しい・・・

 

何でしょう、この感覚。昔ゲームで熱中してレベル上げしていたけど、いざレベルがマックスまで上がってしまった瞬間にどうでも良くなってしまうあの感じ

 

その結果僕はどうなったか。非日常を追い求め始めましたね。ここらへんは完全にイカれてた、どうかしてました。

 

夜もわざと人通りが少ないところをウロウロしてみて、なにかトラブルが起こっていないか探したりしてました

 

ヒミズという漫画で、主人公が人生に自暴自棄になり、「悪い奴」を処置すべく街をひたすら徘徊するってシーンがあるのですが、まさにあの感じ。後々ヒミズを読んだのですが、自分とダブって怖かったですね。

 

 

街中で何か事件起こったら、それに巻き込まれて自分の人生もちょっとは面白くなるかも。そうすれば、虚しさなんて吹っ飛ぶんじゃね。すごいです、完全にキマってますね、我ながら。

 

そんな虚しさの煉獄に囚われていた僕ですが、今はそこまで人生に虚しさを感じていません。というかいつの頃からか、感じなくなっていました。

 

人生虚しくて虚しくて仕方なくても、ある日気になくなるよ!

スポンサーリンク

人生から虚しさを追い払う方法

目標を立てる・目先のことに集中する

目先のことにばっかり集中するな!

 

こんな説教を受けた方も多いでしょう。しかし虚しさを追い払う最良の方法は、目標を立てて目先のことに集中することなのです

 

人間にとって余暇は重要です。その間に気分転換できたり、良いアイデアが浮かんだり、効果は様々です。しかし虚しさを感じている人は、すべからく時間を持て余しているのです。

 

充実した時間が少ないから、余計なことに頭が持っていかれるのです。

 

まずは何でも良いので目標を持ちましょう。正直何でも良いです。仕事の成績とか、資格試験とか、そんな高尚なものでなくても全然構いません。

 

年間で100件ラーメン屋回るとか、カラオケで100点取るとか、こち亀を今から全巻読むとか、そんなのでもOKです。とにかく毎日進歩している実感を感じれるものなら何でもOK

 

過去に聞いた言葉で、なるほどなぁと思ったものが、

 

失恋の最大の薬は多忙である

 

余暇とか空白の時間とかは諸刃の剣で、状況が悪いと時に毒になってしまうと。空いた時間でうだうだと考え込んでしまうんですね。

 

それならば目の前のことに集中する。自分が決めた目標のため、その瞬間を使う。こうすれば虚しさを感じる瞬間なんてなくなります

 

もう30年近く生きてきて感じることは、

 

人間は登っている過程が最も楽しいのかもしれない

 

ということ。目標を達成してしまうと、それはそれでつまらない。燃え尽き症候群なんて言葉もあるくらいですから。

 

目標に向かって、着実に駒を進めることにこそドラマがあるんですね。

 

そんなこと言っても、目標ないしなぁ・・・

 

なんて人もいると思います。そんなはずはありません。この世は選択肢で溢れていますから。

 

それでも本当に実体験に基づいたアドバイスをさせてもらうとするならば、

 

ブログがおすすめ!始めてみましょう!

 

理由は僕が熱中しているから。社会人2年目でブログを始めてから、徐々に虚しさが消えたから。

 

うまい儲け話みたいに始めた瞬間に、ぼろ儲けなんてことはないです。夢も希望もなくて申し訳ないですが、こんな都合のいい話はない。収益が出るなんて先の先の話です。

 

しかしブログを書いていて「楽しい」とか「充実した時間」を過ごせたというのはすぐに感じられるはず。この感覚があれば、虚しさなんて一撃です

 

ブログ始めてみても良いかなぁ

 

なんて人は、この「読まれる・稼げる ブログ術大全」がおすすめ。これさえ持って、手順を守れば、スタートしてから軌道に乗るまでの流れは分かるはず。

 

 

僕は来年30歳になるのですが、それまでに月間10万PVを目標にしています。やはり良い。目標があると良い、毎日に張り合いが出ます、そして飽きない、虚しくない。

悩み事を作る

悩み事があるのはツラいこと。悩みなんて無いに越したことはありません。ですが悩みもまた虚しさへの特効薬なんですね。

 

まぁ気の持ち様でもあるんですが、逆説的に悩みができたらラッキーと考えてもらっても良いかもしれません

 

他のことが気にならなくなるくらいに、差し迫った悩みを抱える。こうなると、

 

人生に意味なんてない

 

なんてことに気がつかなくて済みますから。

 

僕は最近仕事でミスをやらかして、そのリカバリーにここ数週間奔走していました。こんなん嫌です、楽しくはない。面倒くさいの一択です。

 

しかしこの悩みを抱えている間は、一切人生の虚しさについて考えなかったんですね。

 

不思議なものです。悩みを抱えている時の方が、人生の虚しさを気にしなくなるのですから

 

トラブルがあるから、虚しさを感じるわけではない。悩みがあるから、虚しくなってしまうんじゃない。虚しさを感じれてしまう豊かさと余裕があるから、虚しくなってしまうと

 

皮肉なもんです。虚しくて仕方ないなら、悩み事を作りましょう。

 

歌が下手なのがツラい

 

とかもう何でも良いです。悩み事の多くは解決できます。しかし人生の虚しさは、もう哲学の領域。勝てそうな方と戦いましょう。

人生に満足しよう!

僕らはすでに満たされています。僕も毎日文句ばかりで、不満たらたらですが、実際にはそれなりに幸福だと思うんです。

 

昔は良かった

 

なんて人もいますが、僕は決してそう思わない。僕の趣味である映画ひとつとっても、サブスクサービスなどで、DVDをレンタルしていない時でもすぐに観れる。

 

確実に便利になってきているし、多くの問題や悩みも解決されてきています。長期的な視点で見ると、時代は良くなってきていると思うんですね。

 

歴史上のどの時代にも、生まれ変われるとしても、現代が良い。戦国時代はもちろんのこと、江戸時代も物騒っぽさそう。バブル期で豪遊しても楽しそうだけど、スマホもないしね。

 

もしあなたが健康で、この時代に生まれて技術や文化を享受できているなら、もう最高に幸福なのです。まずはこれを噛み締めましょう

 

なんならこの日本に生まれてこれた時点で、かなりの強運。めちゃくちゃレアなガチャを引けたレベル。

 

2020年に日本で生まれた子供は約86.5万人。かたや世界中で見れば、年間に生まれる子供の数は1.4億人と言われています。

 

0.6%。治安も良くて、物価も安定している、大きなマーケットもある、ご飯も美味しい、なんだかんだまだまだ経済大国、世界中どこで行けるパスポートがもらえる。こんなメリットづくしの日本に生まれれる確率は、たった0.6%

 

どうですか、あなたはかなりの豪運の持ち主です。良かったな、ラッキーボーイ、ラッキーガール。

 

虚しさとは自分に足りないものを無意識に求めている行為かもしれません。満たされているけど、何か足りないって感情。僕の場合は刺激を求めていました。

 

しかし考えを変えましょう。足りないものではなく、欠けたら困るものに注目するんです。あなたは幸せです、人が欲しがるものをもうすでに持っているのです。

 

そういったものに、感謝し、虚しさを感じる行為がいかに空虚でそもそもそれ自体が虚しいことに気づきましょう。

 

感謝の気持ちを持っていないと、脳科学的に幸福度が下がる!?幸福度を上げるコツは、普遍的感謝を忘れないこと!

 

もし悩み事がないなら、人の為になにかをしてみるのもおすすめです。あなたは幸せで、しかも余裕まである。現代の貴族です、何でも思うがままですよ

まとめ

では、最後にもう一度この記事をまとめます。

 

  • 虚しさを感じるということは、人生に余裕があるということ
  • 虚しさへの対策方法は、目標を立てることと、悩み事を作ること
  • 今の幸せを再確認しよう、日本に生まれれる確率はたった0.6%なのだから

 

今回も記事を書き終えました。書いている間は没頭しているので、虚しさを感じる暇もないですね。

 

ありがたい、現代に生まれて良かった、そしてあなたが最後まで読んでくれて本当に良かった。

 

このブログは、僕の実体験、考え、趣向をもとに記事にしている雑記ブログです。会社員をしながら、毎日少しづつ書き溜めています。

 

この記事が面白ければ、是非他の記事も読んでいって下さい。貴重な時間を頂きありがとうございました。ではでは!

-コラム, ライフハック, 読書

© 2021 会社員コルレオーネBLOG Powered by AFFINGER5