会社員コルレオーネBLOG

日本語ラップに人生を狂わされた見た目はペンギン、中身はサラリーマン

ヒッチハイクは人生の修行!サマソニで終電を逃して、貧乏大学生だった僕がヒッチハイクで帰ろうとした話!

スポンサーリンク

view raw

今週のお題「激レア体験」

ヒッチハイクしたことありますか?これは、結構人によるかも。したことある人は何度もしたことがありますし、全く無い人も多いはず。二極化しているんじゃないかな。

 

僕は結構していた派です、大学生の時に。する時は終電を逃した時、お金がなくホテル代もタクシー代もない時。社会人になってからはさすがにないですが。(というか終電を逃していないだけ笑)

 

最も印象に残っているのは、大学4回生の最後の夏。サマソニの帰りに終電を逃したあのヒッチハイクです。。。 

・ヒッチハイクってどんな感じなの?
・ヒッチハイク興味はあるけど、したことはない。

という人にむけて書きました。あくまで個人的経験ですので、危険な場所・治安の悪い場所などではお辞めくださいね。

f:id:BitCorleone:20200425193329j:plain

終電を逃したらヒッチハイクをしていた大学生時代

ヒッチハイクを始めてしたのは大学生の頃。もともと存在というか、ヒッチハイクの概念は知っていました。しかし、別にしようとしたことは無かった。

 

べろんべろんに酔った日に、終電を逃して徒歩で歩けばそこから1時間はかかるであろう駅までたどり着きフィニッシュ。さて、どうしたものか?僕はロクにバイトもしていない大学生、というかバイトしない大学生は勉強しない浪人生と同じくらいスカタンだと今は思いますが。笑

 

ホテルに泊まるお金もない、タクシー代も手元にない、ATMにあるかも定かではない。おまけに、秋の宵で少し肌寒い。うむむむ・・・

・・・ヒッチハイクしてみっか

そうして、 考える。目に止まったコンビニで段ボールを廃棄していました。店員さんに一言断り、段ボールを一枚入手。まさにこのイメージ。

f:id:BitCorleone:20200426091641j:plain

しかし、書くものがない。そうして、少し悩んでいると、

このペン使いますか?

え、ありがとうございます。
あなたは?

ヒッチハイクで全国を回っているシンガーソングライターです。

え、すごい、本物だ・・・

ここの道は狭い、大きな道路や高速が走っている道路の近くで探しなさい。

なるほど!

とまさかのベテランヒッチハイかーに遭遇、流れでFacebookで友達に。笑 そして、高速道路に繋がっている様な大きな道路に出て粘ること10分いかないくらい。何と止まってくれる車が!

 

運転手は気さくな方で(というか同い年だった・・・笑)、無事に送り届けてくれました。これに味をしめてしまったんです。笑そこから終電を逃すと、ヒッチハイクをする様に。笑

サマソニ2016は最高だったが・・・

そんな中で、最も印象に残っているヒッチハイクは2016年夏、SUMMER SONIC(サマソニ)の日。1日目の8月20日のみ参加しました。 

f:id:BitCorleone:20200425195659j:imagehttps://www.summersonic.com/2016/

この時は、僕が最も好きなバンドRadioheadが来日。ファン暦はこの次点で10年近く、始めて観れるRadioheadのライブ。前日は興奮して眠れませんでした。 

f:id:BitCorleone:20200425183258j:plain

会場はこんな感じでした。ライブは最高でしたね。この年に出た最新アルバム「A Moon Shped Pool」というアルバムを引っさげての来日。このアルバムはRadioheadが2010年代に出したアルバムで1番良い。尋常ならざる空気感、溢れ出る音楽IQの高さ、もはや何回聴いたか分かりませんが何回聴いても新鮮。

 
テンションあがって、友人に写真撮ってもらったり。他にも、James BayやTwo Door Cinema Clubなどを観たりとにかく趣味に浸れる1日。

f:id:BitCorleone:20200425183311j:plain

死ぬ程暑くて、死ぬ程楽しい1日になったのです。1日になるはずだったのです・・・

バスが遅延して帰れず、、、、

問題が起きたのは帰り 。サマソニの会場は最寄りの駅から、バスで行かねばなりません。さすがに音楽フェスを市街地でするわけにも行かず、大阪南港のあたりで開催。その最寄り駅で朝にバス往復のチケットを買いました。

 

Radioheadのライブがトリで、その後会場を後にして、バスの停留所に向かいます。ものすごい人だかり。今まで会場にいた人数のほとんどが一斉に帰るのですから、そりゃ混みます。

 

2日参加の方とか、タクシーで帰ることができるお金持ちなどは利用していませんが、それ以外は基本的にバス。

 

しかし、段々様子がおかしくなります。1時間並んでも一向に列が進まない。バスの回転も異常なくらい悪い。後々分かるのですが、運営側とバス会社の連携が上手くいっていなかったのが原因だったみたい。

 

開けた更地の中で延々に待つ。砂埃もすごい、段々砂だらけになるのが分かるVansのスニーカー、黒のスエード時が茶色くなっているのが分かる。。。。

 

そして、遂にバスに乗れました、しかしそれはライブが終わってから2時間後の11時くらい。Radioheadのライブを2時間観て、その後バスを2時間待つというアンバランスさ。というか2時間あれば家まで帰れたし!笑

 

そして、分かっていたのです、バスに乗った時点で。もう終電がないことは。笑だけど行けるところまで進むしかない!

場所は大阪・東花園、時は深夜、ヒッチハイクするぞ

そうこうしてたどり着いたのは、大阪東花園駅。 近鉄戦で難波から奈良に向かう間にある少し大きめの駅、ここで足止め。時間は12時半〜1時頃、ド深夜ですね。

 

ちなみに、Twitterで電車に揺られながら色々調べていると、僕たちが乗った直後くらいに、運営側がバスの送迎は諦めてタクシーチケットを配ったらしいのです。うああああ、、、そんなんありかよ・・・・

 

東花園駅はラグビーの聖地としても有名ですね。ヤケクソになって、駅に降り立ち撮った一枚がこちら。
f:id:BitCorleone:20200425183314j:image

僕を含めて、男3人。「さて、これからどうすれば・・・」

 

僕は言いました、そりゃ言いますよ、伝家の宝刀ですよ。

ヒッチハイクだな!

あまり乗り気ではない2人。しかし、僕の押しに負けてか全員でヒッチハイクすることに。

 

東花園から奈良までは山を越えなくてはいけなくて、とてもじゃないが歩ける距離じゃないのです。何とかせねば。

 

そうこうして、3人で大きな道路にある程度距離を置いて順々に並ぶことに。立てるは親指一択。

 

すると、何とものの数分で一台の車が止まってくれたじゃないですか。しかし、その車は普通の車じゃない。LEDをバンバン仕込んでいる改造車だったのです!笑

 

まさにこんなイメージ。

f:id:BitCorleone:20200425193711j:image
https://www.xn--vckwa4c0fpb1cb.net/amusing/don_argument.html

 

その中には、強面の男性2人。

自分らどしたん?

終電逃しちゃいまして・・・

ヒッチハイクなんて今頃珍しいな。
どこまで行こうとしてんの?

奈良なんです・・・

え、遠いな。。。
まぁ、いっか止まっちゃったし、乗って良いよ!

うおおおおお!!

 

強面なのにめちゃくちゃ親切な方々でした。人間見た目で判断しちゃダメだな。笑さて、ここで僕の唯一にして絶対のヒッチハイクマナーを言っておきます。

  • 自分を乗せてくれた人を楽しませること!

もうこれだけです。自分の時間とガソリンと手間を使って、送り届けてくれているのです。車中の時間を楽しいものにするくらいしか乗せられた側はできないのです。

 

そこから、色々雑談しました、何故終電を逃したのか、この強面の2人は普段何をしているのかなどなど。

 

段々打ち解けてきて、コンビニで停車、1人が中に入り、戻ってきました。

腹減ってるだろうから、これ食いなよ。

と人数分のおにぎりをくれるではないですか!どんだけ良い人やねん・・・お2人は高校卒業後に工場で働かれているそう。

働くってどんな感じですか?
僕来年から社会人なんです。

うーん、そうやな。
「給料」・「人間関係」・「やりがい」、選べてもこの中の2つだけだと思った方が割り切れるよ。

なるほど。

この会話はスゴい鮮明に覚えていて、社会人になった今思います。マジでその通り!笑 こんな的確なことよくパッと出てきたな、しかし。

まとめ

そうして、無事に送り届けてくれました。2人とはLINEを交換しました。

俺ら彼女いないから、合コンでもしたら呼んでくれよ!

ぜひぜひ! 

 

しかし、社会人になったある日見てみると、タイムラインにこの中の1名が「結婚しました。」と投稿、隣には美人の奥さん。お幸せに!!コメントしておきました。

 

堀江貴文さんの自伝「我が闘争」でも、大学生の時にヒッチハイクで東京から大阪までたこ焼きを食べに行った話が乗っていました。ヒッチハイクをして、コミュニケーション能力などが磨かれたとのこと。

我が闘争 (幻冬舎文庫)

我が闘争 (幻冬舎文庫)

  • 作者:堀江貴文
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: Kindle版
 

 

そりゃそうです、磨かれます。初対面の人と数十分、ないしは数時間。しかも、自分が盛り上げなければいけない、こんなに鍛えられるシーンなかなかないですよ。

 

勿論ある程度危険と隣り合わせだと思いますが、僕はヒッチハイク経験をして良かったなぁと思っています。それに何より、袖振り合うも他生の縁というやつで、自分が想像もつかない出会いが待っているかもしれませんよ!

ではでは!