会社員コルレオーネBLOG

日本語ラップに人生を狂わされた見た目はペンギン、中身はサラリーマン

脳過労を防げ、スマホ断食をしよう!たかが道具のスマホに使われないために!あと人と話している時にスマホ触るな!笑

スポンサーリンク

view raw

ここ10年ほどで働き盛りの30〜50代が「もの忘れ外来」を受診するケースが増えているんだとか。30〜50代ってまだボケるには早いですよね、ってか僕ももうすぐ30代だからひと事じゃないな。笑

 

先日新聞で、「パソコンやスマートフォンの使い過ぎで、脳が過度に疲労している人が増えている」という記事を見つけました。結構自分にもあてはまるな。

 

僕のブログの記事もスマホとパソコンで見てもらうことがほとんど。あまり言うと、自分の首を絞める気もしますが、世の中見ていて「スマホを使ってんのか、使われてんのか分かんねぇな」って人が多い。

 

僕もこの機に、スマホ使用を必要最低限にするスマホ断食をします! (完全に0にしないので、プチ断食くらいが正しいのかな。。。)

f:id:BitCorleone:20200223103105j:plain

脳過労で儲かろうってのはどうかのう

その新聞記事の骨子をざっくりまとめると、

スマホの使い過ぎで脳みそがオーバーヒートしてる人が増えている、意識的にスマホと距離を取りましょう

 とこういう感じ。「言ってることは分かるけど・・・」って人も多いと思います。では、ちょっとセルフチェックしてみましょう!

 

ちなみに、3つ以上あると脳過労の可能性ありです!

 

  1. スマホをいつも操作している
  2. 常に忙しい
  3. よく眠れない
  4. 物忘れが増えた
  5. 仕事・家事の段取りが悪くなった
  6. 単純ミスが多くなった
  7. 意欲・興味が湧かない
  8. イライラして怒りっぽくなった

あ、おれ脳過労かも・・笑 本来スマホは生活を豊かにするためのツールに過ぎないけどどちらが主導権握っているか分かりませんね。

 

最近よく考えること、50年前の人にあるクイズを出したとします。
「手に収まるサイズのものです。一定年齢以上の人はほぼ全員持っています。中毒性があり、街中の人は生活の時間の多くをそのものの為に使っています。これって何でしょう??」

 

f:id:BitCorleone:20200224091444j:plain

 

現代人はおそらくかなりの人が「スマホ」と答えられるはず。しかし、50年前の人は絶対分からないはず。確実に現代病の一つなのでしょう。

脳過労の対策方法と予防

対策方法としては、前頭葉の働きを戻してあげることがキモのようです。「デフォルト・モード・ネットワーク」という脳の回路の話のようです。ぼんやりしている時や眠っている時に顕在化し、情報や記憶を整理する役割を果たしているのだそうです。

 

こいつを整えてということです。記事に載っていた対策方法はこんな感じ。

  • スマホを手放す時間を増やす
    トイレ・浴室・寝室で使わない
  • ぼんやりする時間を作る
    散歩・ゴルフの素振り・リラックスしたりして皿洗いなどを行う
  • 睡眠を十分にとる
    15分程度の昼寝も効果的、椅子に座って5分ほど目を閉じ呼吸を意識するのも有効 

 

f:id:BitCorleone:20200224091942j:plain

スマホ断食をしよう!! 

スマホはこれまでになるべく使用時間を減らそうとしてきました。例えば、今はLINEやTwitterなどのアプリは全て通知をOFFにしています、電話だけONですね。だって、そこまで緊急性の高い用事ってないですし。僕が思うのはスマホは本当に良くできていて、やはり中毒性が高い。スマホの画面を開くと、必ず用もないのに何かしらの行為をしてしまう。なので、なるべくスマホを開かない様にしています。

 

あと、決めているのは用もなくスマホを開かないということ。「何かしら用事がないと開かない」という自分ルールです。

 

こう考えるのも最近自分でヤバいなと思ったことがあって。それは、深い思考ができなくなってきているということ。もっと平たく言うと、頭を使えなくなってきているということです。何かを行おうとしても、今はたいがい検索で何とかなってしまうんですね。わざわざ自分の頭を使って合っているか分からない方法を用いるよりも、ネット検索で見つかる成功者が語っているノウハウを用いる方がそりゃ確実ですわな。

 

そんなこんなで、意識的に自分で物を考える様にしないとと危機感を持った次第です。荒療治的にスマホから距離を置く様にしたわけですが、一気に空白の時間が増えました。暇なわけです、圧倒的に。暇過ぎて物を考える様になりました。笑

人が話している時にスマホを触る人は嫌い!

僕はもともと人間関係に淡白というか、そこまで執着がありません。付き合いが良いわけでもないし、人と会う時間よりも自分一人の時間を確保したいタイプです。

 

しかし「人と会うのが好き」とか、「人と話すのが楽しい」と言う人よりも僕が優れている(というか優れていると思っている)ことがあります。

 

それは、「人と会っている間は一切スマホを見ない」ということ。例えば、見せたい写真があったりする場合はスマホを開きますが、本当にその程度。というか人と食事をしている際などは、スマホを鞄に入れっぱなしにしていますし。

 

f:id:BitCorleone:20200224092140j:plain

 

偏見かもしれませんが、「私は人と接するのが好きです!」とアピールする人に限ってスマホをいじっている印象です。笑 目の前の人とのコミュニケーションをおざなりにして何を言ってるんですかと思ってしまう。

 

これは結構前からしているのですが、スマホを手放すと一緒にいる人達をよく見る様になります。人の表情や仕草に自然と注意を払う様になりました。これは結構オススメです、人と会う回数が最小限でもとても濃い時間を過ごすことができます。

 

ちなみに、同性・異性に関わらず、一緒に食事をする相手として最も好きじゃないタイプ言います。

 

食事中絶えずスマホを確認、こちらが話している最中もスマホを見ている。そして、相槌は「それな!」だけ。

 

うーん、非常に嫌い。。。笑
これはまた別の話ですが、何話しても「それな」「間違いない」しか返さない人苦手なんだよな。日本語の表現方法なんていっぱいあるんだから。昔知人にある話をしたら、「うーん、言い得て妙だね!」って返されて一気に好きになりましたね。笑

スマホは所詮道具に過ぎない!

 元々僕は電子書籍じゃなく紙で本は読むし、音楽はサブスクリクションサービスではなくCDで聴くという極度のアナログ人間。なのでそこまでスマホにかける思いは無い、所詮はツールとしか思っていませんね。

 

留年してて半分引きこもりだった時なんかスマホの解約を割と真剣に考えたくらいです。

www.bit-corleone.com

 

僕の人生のバイブルのひとつに「こちら葛飾区亀有公園前派出所」があります。様々な名作・傑作がありますが、その中でも何となく印象に残っている話が。

f:id:BitCorleone:20200224094410j:plain

 

とある日、新しいもの好きの両さんはテレビを買います。それは新発売された人間の音声に反応するテレビ。買った両さんはノリノリで「電源オン!」、「8チャンネルに変更!」とか支持します。しばらく遊んでいた際に、テレビが間違った反応をしてしまう。これに怒った両さんはテレビを叩き、罵声を浴びせるわけです。するとそこからテレビが機嫌を損ねてしまい、両さんの言うことを全く聞かなくなってしまいます。

 

オチとしては、両さんが「お願いします、30分だけ野球を見せて下さい」と言う様にテレビにお供え物までして頼み込む様になるというもの。見事なまでに主従逆転してしまったと言う話です。

 

うーん、道具に使われちゃったら世話無いね。。。
あれ、どっかで聞いたことあるな・・・

 

言い得て妙だったら嬉しい、ではでは!