会社員コルレオーネBLOG

読み終わった後にちょっと人生が楽しくなるブログ!

スターウォーズ新三部作!EP7,8,9は結果的には今ひとつ振るわず⁉︎

スターウォーズ7,8,9遂に完結!!!
2015年に7が公開され、4年に渡るドラマが遂に堂々のフィナーレ。

 

完結までこぎ着け非常にめでたいことではある。
しかし、この3部作は結局どうだったのか?? 

 

個人的には、この新三部作は惜しかった!
7,8,9を全てリアルタイムで劇場で観て(しかも全てIMAX4D、3500円するんです・・・)、その思いを今ここにまとめます。

 

May the force be with you!!

f:id:BitCorleone:20200104091444j:image

僕とスターウォーズ

まず、ざっくり僕とスタウォーズのお話。
現在20代半ば、つまりEP1,2,3のド直撃世代!!
最初に劇場で観たのは、「EP2 クローンの攻撃」。
中学生の頃に、「EP3 シスの復讐」が公開。
多感な時期を、スタウォーズと過ごしたそんな世代なわけです。

f:id:BitCorleone:20200104101047j:plain

小学生の時に、公開されていなかったEP3を除き全てDVDで鑑賞(3周くらいはした気がする)し、すっかり虜に。
発売されていたレゴやゲームも結構色々購入しました、割とハマっていた方と言っても良いと思います。

 

子供の頃は映像がカッコいいからと、一番好きなのは「EP3 シスの復讐」。
アホだったので、ライトセーバーぶん回しているシーンがあればある程テンションが上がったものでした。
ジョージルーカスがEP3の公開前のインタビューの際に「次の作品は最も剣の戦いが多くなるよ。」と言っていて、悶えていました。
まぁ、中学生の脳みそなんて所詮そんなもの。

 

しかし、20歳を超えて色々映画を観出す様になり、「あれ、EP1~3って会議して、ライトセーバー振り回しているだけじゃん・・・」ってなり、結局一番面白いのは「EP5 帝国の逆襲」だなってなったり。 

f:id:BitCorleone:20200104102340j:plain

ちなみに原題は「The Empire Strikes Back」
MSCの代表曲で「Tru B-Boyz Strikes Back」で、リーダー漢a.k.a.GAMIが以下の様なことを言っています。

真のB-Boyの逆襲が今始まる

 

www.youtube.com

 

なるほど、「Strike back」は「逆襲する」なんだなって勉強になったり。
というかMSCのタイトルで複数形っぽいし「Strikes」の「s」いらんくないって思ったり。
以上、余談でした。

 

とにもかくにも、2015年にスターウォーズの新三部作が始まると聞いた時には、喜びと不安と戸惑いが絶妙にブレンドされた感情だったわけです。
過去の名作の焼き直しや、安易な続編って少し身構えちゃいますよね。

EP7 フォースの覚醒

時は2015年、我は大学生なり!
バイト先の友人と約束し、2人で一緒に観に行くことになりました。
ちなみに、この友人とEP8,9も一緒に2人で観に行きました、この2年に一度のお祭りイベントも終わりかと思うと悲しい。

 

f:id:BitCorleone:20200103195718j:image

この当時、よく行っていた難波や梅田にIMAX 4Dの設備はなく、枚方まで行くことに。
しかし、在住している奈良県から枚方まで思いのほか遠かったんだな。
「遥か彼方の銀河系は、枚方よりも遠いはずだ」と意味もないことを考え続け、たどり着き鑑賞。 

 

EP7のざっくり感想! 

・めっちゃ面白い!!
・実は何も分かっていない!!
・キャラクターが魅力的!!

そう、EP7はびっくりするくらい面白かったのです。
EP1~3はガン無視、4〜6の作品を必要最低限踏襲した作りも思い切りが良い。
そして、物語の展開が素晴らしく、実は何も明らかになっていない感じも想像を掻き立てられました。
風呂敷がキレイに広げられたわけです。

 

個人的に凄く良かったのが、新キャラクターが全員魅力的だったこと。
まず主役レイがびっくりするくらい可愛い!!
表情が豊かだし、肩幅とかはゴツくないけど、しなやかに筋肉着いているのがとにかくクール。
敵役のカイロ・レンも最初名前聞いたとき、「ガンダムにいそうな名前ね〜」くらいの感想でしたが、まだ成熟していない悪役って結構フレッシュな感じで僕はすごい好きだった。

そして、何と言ってもぐっと来たのは、主役のレイやフィンは全くの同い年だったということ。
つまり、憧れだったスターウォーズが遂に僕ら世代のものになったんだというこの喜び!!

枚方から奈良に帰ってきてさらに食事が終わるまで、スターウォーズの話は尽きません。
友人「レイって誰の血族なのかな」
俺「実はクワイガンジンだったりして」

とにかくEP7はかなり最高な一本でした。

EP8 最後のジェダイ

時は2017年、我は新入社員なり!
来ました、2年待ちました、遂に前回広がった風呂敷をたたんでくれるそんな新作の登場です、と思っていました。笑

 

この時は難波のトーホーシネマで鑑賞。
IMAX4Dの設備の普及は留まることを知りません、さらば枚方。

f:id:BitCorleone:20200103195723j:image

2年は長かった、その間にスピンオフの「ローグ・ワン」もありました。
あれも面白かった、しかしキャラクターに魅力がなさ過ぎて全然名前を覚えれなかった、やはり俺にはスターウォーズ新三部作しかないんだ。
観てやるぜ!!

 

EP8のざっくり感想! 

・くっそつまんねぇ!!
・ローズが可愛くない!!笑
・EP5のホスの戦いで始まり、そして終わった感じ!!

 

びっくりしました、何ともつまらない!!!笑
監督が変わったのは知っていました、しかしあの名作「ルーパー」の監督ライアン・ジョンソンだから期待していたのに。

 

ルーパーはめっさおもろいのです、これは擁護しておきたい。

LOOPER/ルーパー (字幕版)

LOOPER/ルーパー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

悪いポイントはいくつかありますが、大きなポイントはストーリーがぐだぐだなのです。
「EP5 帝国の逆襲」は最初雪の惑星ホスでの帝国軍との戦闘で始まります。
その戦闘を切り抜けた後、ルークは伝説のジェダイマスターであるヨーダのいる惑星ダゴバに行き話は展開されていくと。
しかし、「EP8 最後のジェダイ」はこのホスの戦いで始まって、ホスの戦いを無事切り抜けて終わるそんな映画。

しかも、
①敵であるファーストオーダーの戦艦のシールドを解除したい
②解除するために、エンジニアがいる
③そのエンジニアがいるであろう惑星のカジノに行く
④カジノで宇宙船を無断で停めてて捕まる

 

という謎の展開、しかもこれで1時間くらいかかる。
スターウォーズ最長の上映時間はダテじゃない!!笑

しかも、この作戦終わってみればなくても良かったというね、ひどいよ。。。

 

そして、主役フィンの恋仲になる新キャラのローズ。
これが超絶可愛くない!!
(ローズ役の女優さんエゴサーチして、見てたらごめんなさい)

 

f:id:BitCorleone:20200104110734p:plain

いやそれは確かに、同世代が主演はってるのは嬉しいとは言いました。
でも、同じクラスにいた様な女の子が出てほしいなんて一言も言ってませんけど!!怒

 

伏線回収も非常に雑で、やっつけ仕事的に「◯◯は実は××でした!」という展開の連続。
自分は会社で適当に仕事することもあるのに、人の仕事にはめっぽう厳しい自分からすると不機嫌マックス!

 

観終わった直後の僕の脳内。
「EP8なんかなかったことにしてEP9を作れ!」
「ローズはEP9で省け、理想を言えばエマ・ストーンに変えろ!」

f:id:BitCorleone:20200104110823j:plain

 

一緒に見た友人と観終わった後、一緒にやよい軒で定食食べていました。
しかし、EP8で話すことがなさ過ぎて、友人の来る就活の話をしていました。
友人「最後のジェダイ微妙でしたね。」
俺「とにかく、インターンは行った方が良いよ!」

EP9 スカイウォーカーの夜明け(※ネタバレあり※)

時は2019年暮れ、というかジャスト1週間前。
社会人も慣れてきた3年目。
EP8に引き続き、難波のトーホーシネマで鑑賞。
友人は復習のために、EP7,8を再度鑑賞したという優等生ぶり。
僕は前日なぜか「マイティソー バトルロイヤル」を観るという迷走ぶり。

マイティ・ソー バトルロイヤル (字幕版)

マイティ・ソー バトルロイヤル (字幕版)

  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: Prime Video
 

 

f:id:BitCorleone:20200103195725j:image

公開から1週間程経ったタイミングで鑑賞、友人が就職を機に少し遠くなり、年末の帰省のタイミングでの。
とにかく、その1週間は情報をシャットアウト。

「EP8 最後のジェダイ」を観て以来の、IMAX4Dでの鑑賞。
前回持って帰った3Dメガネがあるので、予約時に100円引き。
3Dメガネを持って行く道中、「ああ、あれからもう2年経ったんだ、早いな」 とスターウォーズよりも時の流れの早さに落ち着きを奪われ。

 

EP9のざっくり感想! 

・何とかそれっぽい完結にはなっている!
・EP8は無かったことになっている!!
・中盤がタルい!!

 

観終わってみると、それなりに終わっている感。
まさかのラスボスでパルパティーンが出てくるというね。
しかも、OPの文字でいきなり出てくるという容赦のなさ!笑 

 

終盤でルークの幻が、レイに「これからはスカイウォーカーを名乗れ」的な継承シーンがあればもっと良かったなとか勝手に思ったり。
でも、もうダメだってなった時に、大量の味方が遅れて加勢に来るシーンとかはやっぱりテンションあがったり。

 

あと、中盤がタルいのです。
パルパティーンを見つけるための、アイテムを探すための、短剣を探すための、C-3POの記憶を読み取るためにある惑星に行く。
まどろっこしいわ!!

 

つまんないし、長いし。
最後のジェダイ病じゃん。

 

そして、僕の願望通り、EP8はなかったことになっていました。
なくてもほぼ一緒というか。

フィンのパートナーもローズから新しいキャラクターのジャナになったり。
めっちゃ美人というわけではないけど(失礼)、画面的なおさまりはとても良い。

f:id:BitCorleone:20200104133449j:plain

 

ヒロイン変えろと散々言っておきながら、実際変わってしまうと「なかったことにするんじゃねぇぞ!」と声を荒げる俺は多分だけど、人として何かが終わっている気がする。。。

 

終わった後、友人とご飯を食べる。
俺「仕事慣れたん?」
友人「ぼちぼちですね、冬のボーナスで何か買おうかな」

 

スターウォーズ4年の間に人生も進むもんだなと。

新三部作まとめ

さて、ではこの三作品全て観てどうだったか?
一言で言うと、

 

うーん、微妙な三部作・・・

 

三部作って結構色々あると思うのですが、やっぱり成功させるのは難しいのかもですね。
敗因は二作目がこけたということでしょう! 

 

バットマン三部作は一作目の「バットマン・ビギンズ」は微妙でしたが、二作目「ダークナイト」が大傑作。
結果的にOKという感じ。

 

三部作で重要なのは、実は二作目なのかもしれません。
スターウォーズのEP4,5は面白くて、EP6は実はちょっと微妙だったりしましたが、それでも歴史に残りましたし。

 

「EP7の時の勢いで進んでいれば」と思うと、本当にもったいない!!
ちなみに、この記事の最初の画像はパンフレットとペンギンの銀次郎なのですが、パンフレットは二冊です。

 

f:id:BitCorleone:20200104091447j:plain

EP7,9しかパンフレット買ってねぇ〜んだよ〜!!

 

でも、スターウォーズがあるこの4年間は楽しかった。
完結するまでは死ねないって心に決めたましたし。
2010年代の映画シーンの中での、最も巨大なムーブメントだったはず。

2020年代はどんな映画が出るのでしょうか!
ではでは!