会社員コルレオーネBlog

サラリーマン人生を充実させよう!相棒は映画・音楽・本!

新世代を牽引するラッパーJinmenusagi!ネットラッパーとはこいつのこと!!

Jinmenusagi(ジンメンウサギ、通称:ジメサギ)知っていますか?
現代の日本語ラップシーンにおいて、異彩を放つ存在です。

トラップという音楽ジャンルを使いこなし、独自の世界観を作り出す。
日本語ラップを聴いていて、「何か新しいジャンルを聴きたいんだけど・・・」 という方にこそまさに聴いてほしい!

代替がきかない存在ジメサギ、彼の音楽を聴きたかったら彼を聴くしかない。
同じ様なMCなどいないのだから!

f:id:BitCorleone:20190724204036j:plain
(転用元:https://media.muevo.jp/articles/5602

 

ジメサギ略歴

ジメサギは1991年生まれ。
東京都千代田区出身。

15歳頃からラッパーを志し、路上サイファーなどで腕を磨いていました。
そして、WEB上での音源配信、バンド活動を経て2012年にデビュー。
デビューしてからの暦は約7年、中堅ってとこでしょうか。

ジメサギを語る上で、切っても切れないワード、それが「ネットラッパー」

これは、2009年頃のYoutubeやニコニコ動画で隆盛したネットラップの誕生が背景にあります。

 

現在は、インターネット経由で自分が制作した音楽を世界中に発信し、聴いてもらうことができるようになりました。
そして、音楽配信サービスに自分の作品を扱ってもらえないと、相手にされなくなってきました。
この変化を経て、現在はネットラップというシーンは成り立たなくなってしまったのです。
そして、ジメサギは今はないネットラップで、頭角を表したMCな訳です。

この当時は、現場でラップをするか、ラップが凄い好きでオタク的研究をしてネットで配信するかの2択だったようです。
そして、ジメサギは後者!
こうやってデビューして活躍しているMCは実は、今のシーンにかなり少ない。

 

2015年には、レーベル「インディペンデント業放つ」を設立しています。
レーベルまで抱えて、完全にネットラッパーで一番の成功者!!
この時点で既に、異彩を放っている訳です!

 

インタビュー記事を見て

少し以前に買った雑誌での、ジメサギのインタビュー記事。
その中で気になったものを一部抜粋。

インターネットから発信されるヒップホップを代表しないといけない。

自分の出自を踏まえて出た、覚悟の現れ。
実際、代表する存在になっていますので有言実行ですね。

 

俺の「何々はダメ、ダサい」とう簡潔なリリックは、SNS時代を象徴する短絡的な考え方の代表例。
みんな、簡潔に何がどう起きてるのか知りたがるし、結論がすぐ欲しいんですよ。

 

これ、かなり面白い発言です。
というのもジメサギのリリックスタイルを良く表しているから!
聴くとき、この発言を意識していると、発見多いです!

オススメアルバム

さてさて、ジメサギの凄さを堪能できるアルバムを紹介!
2枚紹介します、まずどちらか1枚を聴いて頂いて、良かったらもう1枚も聴くというスタンスでOKです。

「ジメサギ」と「LXVE 業放草」!!

f:id:BitCorleone:20190728110321j:image

 

 

ジメサギ

ジメサギ

 

 

LXVE 業放草 [Deluxe Edition]

LXVE 業放草 [Deluxe Edition]

  • アーティスト: Jinmenusagi,Itto,#Pr0st8,Ghost Cheek,Pigeondust,Voldmars,Odetatsu,Yontz,Nekoze,Asamiya,Bonjour Suzuki
  • 出版社/メーカー: LOW HIGH WHO? PRODUCTION
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

まず、大きな特徴は全編トラップのビート。
トラップについては、過去記事で紹介しましたので、あわせて見て下さい。

www.bit-corleone.com

 

ジメサギを聴いていると、独特の浮遊感!!
なにか、心地いいのです。
複雑怪奇な電子音で、異世界に誘われる・・・

 

そして、そのビートでジメサギの力の抜けたラップが炸裂。
ちなみに、「LXVE 業放草」の帯には、

理解の範疇を超える言葉のチョイスやテーマ、徹底的に破壊し再構築された”異”日本語が彼の武器

 

という様に書かれています。
なかなか、言い得て妙!

 

ワードチョイスが奇想天外だったり、「え、それ言うの?」みたいなイメージです。

 

例えば、先程のインタビュー記事を体現している曲で「ガウチョはダサい」
いや、タイトルすごいな・・・笑
(アルバム「ジメサギ」収録)

 

歌詞も凄いです、そこらへんのヒップホップとはまるで違います。

前髪事故った女 (原宿)
クラッチバックにコンバース
夜 立教大生とコンパ

何を思ってこの歌詞書いたんだって言うね。。。笑


以下の要素に当てはまる人は、絶対ジメサギの音楽を好きになるはず!  

・悟り世代
・世の中ダルいと感じている
・量産型大学生とか笑えるわ〜 

まとめ

いわゆるマッチョイズムとは程遠く、純粋に才能だけでシーンに風穴をあけた存在。
閉塞的な現代社会で、肩肘抜けたラップをする姿は痛快無比です。

是非、一聴してみて下さい。
ハマる人なら、すぐに虜になるはず。

 前回記事はこちら!

www.bit-corleone.com