コルレオーネBlog

映画・音楽・文学、サブカルを通じて人生を楽しく!!

Leon Fanourakis(Leon a.k.a.獅子)、日本の若手最高峰の才能!日本語ラップを極めよう⑮!

「Leon a.k.a. 獅子」というラッパーをご存知ですか?
弱冠20歳ですが、すでに才能を開花している横浜出身のやり手MC。

高校生ラップ選手権の頃から、「こいつすごくね!?」と思っていましたが遂に爆発!
待ちに待ったラップエリートが日本をジャックするのももうすぐです!
乗り遅れるな!

f:id:BitCorleone:20190727080735j:image

(転用元:https://hiphop.abematimes.com/posts/5039282/

僕が見た略歴

高校生ラップ選手権

まず、彼がラッパーとして認知されたのが、先程も書きました「高校生ラップ選手権」!
第8回のチャンピオンです!

最初に登場したのが、第6回。
Leonの大きな特徴として、そもそものラップのうまさと聴き心地の良さ。

この時の背景を説明しますと、若手MCバトルで1つのムーブメントが起きていました。
それが「語尾でビシバシ韻を踏む」というスタイル。

こう聞くと、「ラップってそりゃ踏むでしょ」くらいな感じに思われますが、これは当時発明でした。
この発明の主は「言xTHEANSWER」というMC。

北海道から彗星の如く現れた言xTHEANSWER、彼のスタイルは当時衝撃的でした。
まず、とにもかくにも語尾の韻が固い。
必ず語尾で4~5文字で踏むというスタイルです。
今でこそ当たり前ですが、この当時は新鮮でした。

 

f:id:BitCorleone:20190727080906j:image

(転用元:https://www.mc-rap.work/wrapperdirectoty/369/

若干仕込んだネタ臭くもあったのですが、聴いている観客からすれば、ここまで韻をきれいに踏んでいるラップを聴けるなんてという感情でした。

そのクオリティの高さから、フォロワーが急増!
瞬く間に、「語尾でビシバシ韻を踏む」MCが溢れかえりました。
完全にムーブメントが起こったわけです。

しかし、何事においても飽きるのが人の常。
高校生ラップ選手権ファンはだんだんこう思うようになりました、「みんな同じようなラップするんだよな・・・」

さて、さて、さて!!!
ここで現れたのが、Leon a.k.a. 獅子!!!

日本・ギリシャ・韓国の血を引くハイブリッドMC。
彼のスタイルの特徴はそのたぐいまれなるラップスキル。
韻はそこまで固くなく、その代りフロー(歌いまわし、ビートへの乗り方)が抜群にかっこいい。
この当時は「いかに語尾を踏めるか」が重要視されていましたが、「いかにイかしたラップをするか」を念頭に置いた奴が出てきたのです。

決まりきった定型スタイルばかりが目立つ中、Leon a.k.a. 獅子のフローを駆使したラップスタイルが映えまくり優勝。
韻が飽きられた中、フローの妙が勝った!!


f:id:BitCorleone:20190727080604p:image

(転用元:https://hystericgrandma.com/blog-entry-72.html

この時、Leonが踏んでた韻は、

俺がLeon 帝王 ここでK.O.

を使いまわしていましたからね。笑
しかし、彼が言うとやたらとかっこいいのです。

しかし、そこから高校生ラップ選手権に出場するも、振るわない結果が続きます。
考察するに、彼のうまさ、ラップのカッコよさを全員が認め、それ以上を求められてしまったからではないかと。

ラップスタア誕生

こうして、高校生ラップ選手権から姿を消し、しばらくは音沙汰なし。

次に僕がLeon a.k.a. 獅子の姿を見たのが、アベマTVの「ラップスタア誕生!シーズン2」という番組。
次世代のラップスターを発掘するというオーディション番組。
ここの参加者でLeon a.k.a. 獅子がいました。

久々に見て、ラップを聴いてびっくり、もっとうまくなっている・・・
まだ伸び代あったのか・・

第3シーズンに出場、そして見事優勝!!
300万円獲得!!
すげえな・・・

そして、この後Anarchyのレーベル「1%」に加入。
MCネームを「leon fanourakis(レオン ファノラキス)」に改名、その勢いのまま新作アルバムを先日リリース!!

いやー、やっぱり才能あったんですね。
来るべくして来た大型新人というか、なんというか。
さっそく聴いてみましょう!!

新作「CHIMAIRA」をレビュー

一聴したばかりですが、すごいです・・・

f:id:BitCorleone:20190726212937j:plain

昨日、タワレコで購入。
現在、2回目の視聴です。

まず、凄い聴き心地がいい、前から良かったですがさらに進化!

 

ポップというよりかは、ダークでクールなイメージ!
日本語ラップの深淵をえぐっている様!
featに地元のクルー以外にも、ANARCHYも参加し、かなり豪華になっています。

 

歌詞は日本語と英語のミックス、しかしLeonの野性的なラップスタイルで聴くと、ライカ獣の咆哮!
しかも、意味が通っているって言うね。

 

個人的に、日本語ラップMCの中でLeonが最も優れていると思う能力が「息継ぎ」
ラップしている中で、邪魔になってしまう息継ぎでさえ、彼は曲のエッセンスにしてしまうのです。
曲中で息を吸うという不可避の動作を、楽器のレベルまで高めてしまっている・・・
いや、それは反則やん。。。

2回聴いただけでは、全貌が掴みきれない才能。
正直底知れないですね。
今後、日本語ラップシーンを牽引していくのは疑い様もないです。 

Chimaira

Chimaira

 

まとめ

 高校生ラップ選手権以降シーンから見なくなり、もうLeonを見ることはできないのかと思っていましたがやはりのカムバック。

やはり、本当のスキルがあればいつでも輝いてしまうんでしょう!

 目が離せないMCの1人です。

 

前回記事はこちら!

www.bit-corleone.com