会社員コルレオーネBLOG

読んだ後に人生が少し良くなる、文章を読むのが好きな人のためのブログ

東京・池袋の日本語ラップ好きは「nodus」に行け!全てのB-BOY必見、服・CDなどヒップホップカルチャーが詰まっている!

スポンサーリンク

池袋のショップ「nodus」を知っていますか?ラッパーの焚巻も所属しているレーベルHUMANMUSICのフラッグショップです。

 

東京で日本語ラップに飢えていた僕は先日この「nodus」にお邪魔しました。ヒップホップのテイストが薫る服に、店の棚に陳列されている日本語ラップのDVD・CDたち、そしてアットホームな雰囲気の店内。

 

池袋という街のヒップホップシーンを担っているショップでした。バトルでも音源でも日本語ラップ好きは絶対に行くべき最重要スポットです。

 

・東京で日本語ラップを感じたい!
・ラッパーと触れ合いたい!

 

という人にむけて書きました。

 

  • 池袋「nodus」、日本語ラップ好きは必ず行くべし!
  • 店長のRAIZENさんはめちゃくちゃフレンドリー!
  • ブクロ最高〜!

 

f:id:BitCorleone:20200802135408j:plain

東京にある日本語ラップ好きの為の店を探していた・・・

この4月に奈良から上京。日本語ラップの聖地である東京で様々な経験ができるかと期待に胸を膨らませて来たわけです。

 

しかし、そう上手くはいかなかった。コロナウイルスの影響で、ライブやバトルイベントも軒並み延期・中止。全然バイブスが上がらん。。。 

 

そうした中で僕が唯一とれる選択肢は、日本語ラップのカルチャーを担っているショップに行くということ。その店で、お店の方と触れ合ったり、CDを買ったりして空気感を感じるというもの。

 

そんなわけで、先日は東京上野にある「キャッスルレコード」に行ってきました。やはり大手のCDショップとは違う楽しみがあるんです。

 

www.bit-corleone.com

 

そうして、他にも何か日本語ラップのお店ないかと考えていた先日見つけました。それは、フリースタイルバトルの市民権を一挙に高めた番組「スリースタイルダンジョン」の後番組「フリースタイルティーチャー」にて。 

 

現役の凄腕ラッパーが、それぞれお笑い芸人を弟子にとってフリースタイルバトルの極意を伝授。そして、その後弟子たちがバトルをすると言う番組。

 

毎週楽しみに観ているのですが、その中でラッパー輪入道・芸人レイザーラモンRGがコンビを組んでいます。

 

前回の放送で、輪入道が特訓と称してレイザーラモンRGをとあるショップに呼び出します。それが池袋にある「nodus」というショップ。ここで、ラスボス般若を始めて引きずりだした焚巻と特訓をしていたんです。

 

f:id:BitCorleone:20200802185432j:image

 (店長であるラッパーRAIZENさんのTwitterより)

 

www.nodus-tokyo.com

 

洒落た店内、壁に並ぶCD、カルチャー感じさせるグラフィティ。これぞ求めていたヒップホップ感。放送を見た瞬間に決めました。

 

この「nodus」に行くしかない!

 

いざ池袋へ!

f:id:BitCorleone:20200802185455p:image

 

池袋って個人的に結構思い入れがある街なんです。

ドラマ観てて憧れてただけやないか!

う・・・

 

そう、僕が大学生の頃に再放送で見た池袋が舞台のドラマ「IWGP」。これにめちゃくちゃハマっていたんです。

 

今思うとスゴい豪華な俳優陣。このドラマの影響で、未だに長瀬・窪塚リスペクトが消えません。。。しかし、久しぶりに改めて見返したのですが、この時の池袋って治安かなり悪いですね。笑

 

ギラギラした若者文化、こういうドラマってもう今ないよなぁ。 調べてみると、ショップ「nodus」は池袋の隣の駅の目白駅の方が近い。

 

目黒もあれば目白もあるのか

 

などと思いつつ、せっかくなので池袋駅で下車。池袋西口公園を散策してからショップへ。

 

ブクロさいこ〜!

ショップ「nodus」到着!

 そうして、ショップ「nodus」に向かうことに。しかし、池袋周辺は落ち着いた住宅街が多いですね、意外でした。途中で立教大学の前を通ったり。

 

ラッパーのJinmenusagiが曲の中で、こんなパンチラインを言っていたなと思い出したり。

 

www.bit-corleone.com

 

前髪事故った女
クラッチバッグにコンバース
夜、立教大生とコンパ

 

ちなみに、これは「ガウチョはダサい」と言う曲。ネーミングセンスが異次元ですわ。笑

 

そうこうして、着きました、nodus!

 

店内はこんな感じ。オシャレなデザインのアパレル商品が並びます。ヒップホップショップで売っている商品は、基本的にベーシックなアイテムがほとんど。それが男らしくて最高ですね。

 

f:id:BitCorleone:20200802135359j:plain

 

壁にはCDやDVDが並びます。僕は音楽はCDで聴く派なので、こういう棚を観るだけでテンションが上がります。一種のフェチなんでしょうか。

 

f:id:BitCorleone:20200802135355j:plain

 

壁にはグラフィティが。いいですね、自分の部屋でもやってみたい。あ、会社の寮だからさすがに無理か。。。笑

 

f:id:BitCorleone:20200802135404j:plain

 

店内でまさかの飲み会に・・・

お店に入ると、店長のRAIZENさんとお客さん3名グループが。会話されていたので、邪魔にならないように店内をウロウロ。

 

気になっていたラッパーのCDを買いました。ZORNとのfeatも印象的だったWEEDY。この記事を書いている今も聴いていますが、かなり良い。

 

f:id:BitCorleone:20200802172707j:plain

 

体の全ての力が思わず抜けてしまうような。そんな脱力感を与えてくれる高品質のチルソングが詰まったアルバムです。

 

RIVERSIDE BLUES

RIVERSIDE BLUES

  • アーティスト:WEEDY
  • 発売日: 2018/04/11
  • メディア: CD
 

 

レジに持っていき会計をします。その際に、RAIZENさんと会話。

 

ありがとうございます!WEEDYめっちゃ良い奴なんで、あいつも喜びます。

そうなんですね!ラッパーの方って結構こられるんですか?前の「フリースタイルティーチャー」見て来たんです!

お〜、そうなんですね!ラッパーも結構遊びに来てくれるよ!

 

そうして、しばし日本語ラップ談義。すると、不意にRAIZENさんから

 

せっかくだから飲もうよ!

 

とまさかのめっちゃ嬉しいご提案。

 

そのままお店の冷蔵庫から、キンキンに冷えた缶ビールを僕に差し出してくれるではないですか。

 

そして、そのままお店の中で酒盛りスタート。

めっちゃ自由やん。めっちゃ楽しい!

 

そうして、僕よりもお客さん3人も交えて即席の飲み会が開始!袖振りあうも多生の縁とはまさにこのこと。

 

日本語ラップの話はもちろん、定額給付金の話から、池袋のクラブの思い出など色々な話題が出てきます。ぐいぐい引き込まれます。

 

ドラマ「IWGP」の当時の撮影に、知り合いが映り込んでいたなどの話も聞けてテンションあがりまくりでした。


そこから池袋のラッパーの方が一名もこられ、総勢6人で飲みました。僕以外は基本的に知り合いの様でしたが、気を使って話を降ってくれたりと気まずさはなし。

 

池袋の人達ってみんな親切なんだな。

 

これ発見でした。

 

気付けば、店に入ってから3時間以上経っているではありませんか。最後に、記念に全員で集合写真をとり解散。

 

こんな経験なかなかできないぜ。。。いい日に行けたわ。。。笑 

まとめ

では、最後にこの記事をまとめます。

 

  • 池袋「nodus」、日本語ラップ好きは必ず行くべし!
  • 店長のRAIZENさんはめちゃくちゃフレンドリー!
  • ブクロ最高〜!

 

いやー、また行きたい!このブログを読んでこの店に行ってくれた方とも、ばったり鉢合わせしてそのまま飲んでみたい、なんて妄想も広がります。

 

ではでは!