コラム 生活 読書

大人こそボードゲームがオススメ!名作「カルカソンヌ」を買ってみた!能動的娯楽で自己成長を!

ゲームは好きですか?僕はテレビやスマホゲームなどは全然しませんが、ゲームは大好きです。日常の中にある非日常感とでも言うのでしょうか。

 

ゲームを楽しむことで、普段と違う脳の使い方をできている気がするんですね。優れた経営者が「仕事はゲームだ」的な発言をしたりしていますよね。

 

ただスマホゲームやテレビゲームなどは受動的娯楽。誰かが作ったフォーマットで遊んでいるわけです。かたやトランプや囲碁、将棋、チェスなどは能動的娯楽と言われています。自分で広げていかないといけないですから。 

 

仕事やこのブログでモニターを見ている僕からすると、スマホのゲームなどはする気は起こりません。アナログなゲームがしたいんです。ボードゲームとか、カードゲームとか。

 

そうして以前から興味があった「カルカソンヌ」を買いました。ひと味違った遊びを設けている方はボードゲームをしてみましょう!

 

・スマホゲームに飽きた・・・
・アナログな遊びが好き!

 

という人にむけて書きました。

 

最初に結論から!

 

  • ボードゲームは能動的娯楽、自己成長につながる!
  • ボードゲームはカルカソンヌがオススメ!20年の歴史がある世界的なボードゲーム!
  • カルカソンヌは、飽きない、時間が適度、運と実力のバランスがちょうど良い!

 

f:id:BitCorleone:20201230101805p:plain

スポンサーリンク

大人こそゲームをしたい!

僕のデジタルゲーム遍歴

f:id:BitCorleone:20201208111635j:plain

1992年生まれの僕。生まれて初めて買ってもらったゲームはゲームボーイでした。ポケモンの赤版・緑版が出たのもちょうど幼稚園か小学生の頃。

 

毎日の様に、友達とポケモンをしていました。そのかいもあってか、今でもポケモン(特に初期)は大好き。ミュウツーは今見ても超絶かっこいい。

 

図鑑は141匹くらいまで集めました。レベル100になる裏技とかもしまくった。

 

今の若い世代には分からないかもしれないのですが、当時はポケモンの交換とか対戦は通信ケーブルという道具が必要だったのです。ばりばり有線の時代だったんです。

 

通信ケーブルを持っている同級生は、クラスのヒーローでしたね、懐かしい。小学校の低学年の時に金銀が発売されて、高学年の時にルビー・サファイアが発売されたんです。

 

ポケモンが一大ムーブメントになっている中で、子供時代を送ったんです。これで影響を受けない方が難しい。。。

 

小学校の時は、ゲームに熱中していました。ちなみに人生で一番好きなゲームと聞かれたら、いつも「ファイアーエムブレム 烈火の剣」と答えています。

 

 

僕の中ではストーリー、キャラ、戦略性、BGM、育成など全てが完璧なゲーム。まだしていない人には是非プレイして頂きたい。自分の中では、烈火の剣を超えるゲームはまだない、多分今後も出てこない。

 

僕が最後に買ったゲームは「モンスターハンター2nd G」 。発売された2005年当時に買ったので、もう15年はゲームを買っていない計算です。笑

 

これも一大ブームが起きました。友人と一緒にできるというのも大きな魅力でした。異常に中毒性の高いゲームで、何100時間もする猛者も大勢いたりしてましたね。カプコンは何とも怖い企業です。。。笑

 

f:id:BitCorleone:20201230095448p:plain

 

それ以降スマホゲームも一切していないので、高校生の途中からデジタルゲームとは縁がありません。

 

ゲームを辞めた理由はいくつかありました。

 

  • 空しさを感じる様になった
    「言ってもデータの中だけの話だしな・・・」と思うようになった
  • 目が疲れる
    僕は目が悪いので、ずっとしていると疲れてくる
  • 値段が高い
    大学生時代は極貧だったので・・・
  • プログラミングを勉強していたから
    大学生の必修でプログラミングを受講し始める。ゲームを作る側の視点を学んだことから、プレイする気が失せた

 

いかがでしょうか?

 

一時期は熱中していたけど、もうゲームはしなくなった・・・

 

という人は共感してくれる部分もあるんやないかな。そんなこんなで僕はデジタルゲームを気付けば卒業していたのです。

 

www.bit-corleone.com

 

ちなみに、この記事を書くきっかけにもなった本を紹介しておきます。お笑いコンビ麒麟の川島明の著書「ぼくをつくった50のゲームたち」

 

今まさにゲームが好きな人はもちろん、過去にゲームが好きだった人全てに読んでほしい。 川島明の愛したゲームと、その当時の笑えるエピソードが詰め込まれています。

 

ぼくをつくった50のゲームたち

ぼくをつくった50のゲームたち

  • 作者:明, 川島
  • 発売日: 2020/09/16
  • メディア: 単行本
 

人間はゲームにこそ熱狂する

f:id:BitCorleone:20201115133240p:plain

 

しかしゲームに対しての熱は冷めていません。卒業したのはあくまでデジタルゲームの話。

 

優れた経営者とかよく

 

ビジネスはゲームなんです

 

的なこと言っていますよね。うーん、ちょっとダサいけどかっこええ。憧れる。。。笑

 

その後の人生で友人とポケモンカードやマジックザギャザリング、人狼ゲームなど色々なゲームをする機会が何度もありました。やはり面白いんですね。

 

運の要素、知略、駆け引きなどを駆使する。そうしてゲームの時間だけは、日常生活と違う時間軸で生きられるんです。

 

言っていることはほとんどカイジですが。笑

スポンサーリンク

アナログなゲームがしたい! 

f:id:BitCorleone:20201114095330p:plain

侮るなかれ。ボードゲームをはじめとするアナログゲームには大きな強みがあるんです。

 

樺沢紫苑さんの著書「神・時間術」でも、アナログなゲームについての記述があります。娯楽には、受動的娯楽と能動的娯楽の2種類があるんです。

 

受動的娯楽は、テレビやゲームやYouTubeなど自分は何もせずに享受できる種類のもの。反対に能動的娯楽は、読書、スポーツ、楽器の演奏、ボードゲームなどの自身の努力が必要とされるもの。

 

自己成長には、受動的ではなく能動的娯楽が重要なんです。能動的娯楽は受動的娯楽と違って、レベルアップができるんですね。やりこむほど精度が上がっていくと。

 

能動的娯楽とアウトプットを掛け合わせると、加速度的に自己成長できるんです。今まさに僕がしていることですね。笑

 

神・時間術

神・時間術

  • 作者:樺沢紫苑
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: Kindle版
 

 

サブスクサービスなどで娯楽は増えているのはあなたもご存知の通り。ですがどうでしょうか。考えてみると、受動的娯楽ばかりではないでしょうか。

 

自分の脳を働かす娯楽は意識しないと行わないですからね。かく言う僕も受動的娯楽が多かった。すぐにYouTube開いちゃうし。

 

今一度アナログなゲームがしたい。。。年末年始は時間があるし。 

スポンサーリンク

カルカソンヌは本当の名作!! 

f:id:BitCorleone:20201230113803j:image

ボードゲームって実はスゴい奥が深い。囲碁や将棋やチェスなどは知っていますが、実はもっともっと多くの種類のゲームがあるんですね。

 

ボードゲームカフェとかも以前から興味があったのです。僕が知らないだけで傑作や名作が多くあるんですね。

 

そんな僕でも知っていたボードゲームが「カルカソンヌ」。ミニマリストの方が持っているのを見かけたんですね。

 

ミニマリストの人が持つなんてよっぽど面白いんだろうな・・・

 

と思ったものです。プレイしている写真も見たのですが、スゴい面白そう。床に何やら地形を広げていました。

 

年末年始に実家に帰省。これまでと違い、外出の頻度も抑えめ。時間もあるし、家の中で何か面白いことをしたいと思った矢先、

 

そうや!カルカソンヌしてみたかったんや!

 

と閃く。早速Amazonで購入、値段は約3,500円、弟と割り勘やで。

f:id:BitCorleone:20201230113758j:image

 

ドイツのゲームなんですね。2000年に発売されていたみたい。20年も歴史があるのか、結構ベテラン選手ですね。

 

モンスターハンター2nd Gより歴史あるじゃねぇか・・・

 

世界大会も開かれているんですね。知らなんだ。。。ボードゲームに明るくない僕でも知っているくらいだから、きっと名作中の名作なんでしょう。
 

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

カルカソンヌで遊んでみた!!

f:id:BitCorleone:20201230152933j:image

 

結論から言います。

 

カルカソンヌめっちゃ面白い!

 

めちゃくちゃ良くできているゲームなんですね。詳しいルールは解説動画もたくさんありますので、そちらを見て下さい。

 

僕はそもそものカルカソンヌの楽しさを紹介したいと思います。僕が感じた面白いポイントをまとめてみました。

 

ちなみに昨日届いたのですが、すでに10回くらい遊びました。東京に帰るまでにあと20回はしたい。笑

 

  • ルールがシンプル
    難しそうに見えて、一回プレイすればだいたいの人が理解できます
  • 視覚的にも楽しい
    山札からカードを引き、地形を作っていきます。カードの種類は多く、毎回地形は変わり、変化が楽しめます。全く同じ図形になるのは天文学的確率・・・
  • 運と実力が良いバランス
    駆け引きや計算も必要ですが、運の要素も多分にあります。初心者でもベテランでも、一緒にプレイできます。将棋とかだと運要素はないですからね。
  • 複数人でできる
    人数は2〜5人まで対応。一家に一台あると、きっと家族の仲が良くなるはず
  • 飽きない
    とにかく飽きない、奥が深い。毎回地形が変わるため、全く同じシチュエーションというのは2度とない
  • プレイ時間が適度
    一回30~40分。めちゃくちゃちょうど良い!

 

ちなみに、3人プレイしたらこんな感じでした。地形が一回目と全く違う。デジタルゲームでも、毎回シチュエーションを変えるのが難しいだろうに。。。

 

f:id:BitCorleone:20201230194124j:image

 

ルールブックを読んでいる時は、自分にできるのかと不安になります。しかしやってみると意外や意外。すぐに呑み込める自分がいる。

 

解説動画を見て難しそうと思っても、思い切ってプレイしてみて下さい。目の前で土地が出来上がって、ゲームが進んでいくのはクセになりますよ。

 

遊戯と漠良がやってそう。サイコロは使わないけど。。。笑

 

f:id:BitCorleone:20201230113809j:plain

まとめ

では、最後にもう一度この記事をまとめます。

 

  • ボードゲームは能動的娯楽、自己成長につながる!
  • ボードゲームはカルカソンヌがオススメ!20年の歴史がある世界的なボードゲーム!
  • カルカソンヌは、飽きない、時間が適度、運と実力のバランスがちょうど良い!

 

いやー、面白いです。久しぶりにボードゲームをするとテンションがあがります。大人こそするべきです。

 

モニターを見ることに疲れた人はいませんか?遊んで気分転換をしたい人はいませんか?在宅期間で退屈している人はいませんか?

 

カルカソンヌをプレイしてみましょう!そんでいつか僕と一緒に遊びましょう!笑

 

ではでは!

-コラム, 生活, 読書

© 2021 会社員コルレオーネBLOG Powered by AFFINGER5