会社員コルレオーネBlog

サラリーマン人生を充実させよう!相棒は映画・音楽・本!

2代目モンスター卒業!フリースタイルダンジョンはフェーズ3へ!

遂に先日、フリースタイルダンジョン2代目モンスターが卒業!
約2年間常に僕にエネルギーをくれました。

まだまだ大きくなるであろう日本語ラップシーン、そのシーンの中心にいた6人のスター達。
間違いなく、大きな時代の区切り。
みんなでモンスターの門出を祝いましょう!

ありがとう、呂布カルマ、FORK、裂固、輪入道、ACE、崇勲!

f:id:BitCorleone:20190829192216j:image

(ICE BAHN FORKのTwitterより引用)

2代目モンスターは初代とココが違う!

初代モンスター達は勿論素晴らしい。
だけど、2代目にも違った華があります。

初代と違う大きな特徴、それは全員最初はチャレンジャーだったということ。

ACEは般若ルームの助手として最初から参加。
そこから隠れモンスターとして、チャレンジャーを阻む壁に。
その時のチャレンジャーDOTAMAに敗北。
DOTAMAが初代モンスターに加入後、ACEがチャレンジャーとして登場。

この時のコンセプトは「リベンジャーズウォー」、過去ダンジョンで爪痕を残したMCのみが再度登場する回。
DOTAMAに負けて、そのリベンジという扱いでした。


崇勲は何と鉄壁R指定を下し、般若まで!
番組始まって2人目のラスボス到達者となりました。


呂布カルマは、初代を3人倒し4Rまで。
その前には、年末特別企画「東西口迫歌合戦」に登場。
10人対10人のチーム戦。
ここで、漢a.k.a.GAMIをクリティカルで撃破。
圧倒的強さを見せつけ、満を持してチャレンジャーとしてやってきたのです。


裂固は3人チームで登場、T-Pablowとの一騎打ちで敗れますが、ここでスキルの高さを証明しました。


FORKもICE BAHNで登場、3人戦で敗北、しかしその能力の高さを買われ隠れモンスターとして登場しました。

輪入道は1R目で敗北しましたが、その時の対戦相手漢a.k.a.GAMIと伝説となるバトルを産み出します。
ここから、輪入道の大ブレイクが始まります。

しかも、この全員は何かしらの大会で優勝経験がある猛者ばかり。
UMB、戦極、高校生ラップ選手権などなど。

ちなみに、モンスターの強さを分析したのは以下記事。
バトルに関しては、こちらをご覧あれ!

www.bit-corleone.com

 

2代目モンスターと話したことあるぜ!

そして、1年くらい前から僕は結構イベントに行くようになりました。
足しげく通うことで様々なラッパーと話せる機会がありました。
実は、僕は崇勲以外の2代目モンスターとは全員話したことがあります。

呂布カルマ

僕にとってのカリスマ、教祖様。笑
過去記事にもその魅力をまとめました。

 

www.bit-corleone.com

 

話したのは過去2回。
昨年末スポットライトという大会の時(ちなみにこの大会の優勝者は呂布カルマ!!)と先月行われたKOK U-22西日本予選の時。


どちらも話しました、一緒に写真撮ってもらいました、ええやろ。
ちなみに、僕は呂布カルマに合えるだろうという見込みのもと、CDを持参。
どちらも1枚持っていきサインしてもらいました。

 

f:id:BitCorleone:20190829203254j:image


持っている呂布カルマのCDに全部サインもらいたいぜ。笑
生で見るとオーラあります、やっぱり。

FORK

ライムマスターFORK。
生で見たのは、同じくスポットライトとKOK2018年西日本予選。
KOKの時は、審査員で出ていました。
「姓はICE BAHN、名はFORK」という2017年の流行語大賞(ウソ)を生で聴けました。

FORKはとにかくかっこいい。
身長も高く、風格ある男の中の男。
そして、声まで渋い。

頼むと、気さくに写真撮影に応じてくれました。
実際会った時も、帽子を被っていました。
脱ぐとどうなってるんだろう・・・、普通に坊主な気がしますが。

裂固

これまたスポットライトで会うことができました。

想像しているよりも小柄です。
160cm前半くらいかな。

印象的だったのが、去年末くらいは裂固はまだ覚醒前。
ダンジョンでも負けが込んでいた時期。
それを受けてか、とある酔った中年男性がイベント終了後に説教していました。
「なぜ、勝てないんだ」という様な内容で裂固に詰め寄っていました。

それを粛々と聞き、謝る裂固。
徐々に男性はヒートアップ、HIDADDYをはじめとした他のMC達が割って入り、その場は終了。
その後、Dragon Oneが励ましの意を込めてお酒を奢ってあげていました。


バーカウンターにいる裂固に近付いたその時、韻踏合組合のSATTUSYが「裂固と飲みたい人いるか~?」とお酒の入ったグラスをお盆に載せて登場。
僕を含めた近くにいたヘッズは漏れなく参加、まさかのSATTUSYと裂固と乾杯できるというサプライズ!!

 

f:id:BitCorleone:20190829202349j:image

 
僕は第9回高校生ラップ選手権を観た時からファンに。
話した際に、「僕は若手の中では、裂固さんが一番だと思っています。」と伝え握手。
そこから、めきめきと戦績を伸ばしだした裂固。

僕の応援が効いたのか!?笑
ザ・好青年でしたね。

輪入道

輪入道もスポットライトで会うことができました。
強面ですが、彼も小柄。
165cmくらいかな。

ずっと笑顔で会話してくれたのが印象的。
写真撮影も快諾してくれたりと、とにかくギャップがすごい。

実際人気者。
ファンがサインをもらおうと長蛇の列を作っていました。
まさに叩き上げのHIP HOPスターですよ!

ACE

ACEと話したのはフリースタイルダンジョン観覧の時。
収録が終わり、新木場アゲハの外でいると、ヘッズやラッパーがいっぱい。
そこには、ACEと弟のルイスも。
ACEはセグウェイで遊んでいました。
面白かったのが、ACEがルイスに呼びかける時なんとポルトガル語!

嫌みがない、まぁ見た目的にそうか。笑
この時から、TVにもひっぱりだこ。
自身が人気者ということも分かっているようで、ファンサービスも旺盛でした。


一緒に行った友達と僕が声をかけたものかどうかとスマホ片手に勇気が出なかった時、急にACEがそのスマホをパッととりインカメで写真を撮ってくれました。
いやー、キザなラッパーですよ!(褒め)

2代目モンスターは初代とココが違う!

初代モンスターで現ラスボスR指定も「Monster Vision」という楽曲で言っていました。

 

軽く殴っちまえば 一発でしまいの
俺みたいなの目の前に
お前は何をそんなにビビってる?


そう、モンスターとは言え、やはり普通の人間なのです。
この2年間で既に成熟したバトルシーンに放り込まれた6人のMC達。
この中で、負けていない人は1人もいません。

必ず何回かは負けています。
辛酸を舐めたこともあったはず。

それでも、歯を食いしばり醜態をさらすことになろうとも常にシーンを推進し続けてくれました。
日本語ラップ史に残る最重要人物であることに間違いない。
僕も2代目モンスターのおかげで、日本語ラップがもっと好きになった。

社会人になって、3ヵ月ほどして2代目モンスターに変更。
毎週フリースタイルダンジョンという楽しみがあったから、まだ辞めずに仕事を続けています。
これは過言じゃありません。

ありがとう、6人の侍たち!!
ヘッズとして心からお礼申し上げます!