コルレオーネBlog

映画・音楽・文学、サブカルを通じて人生を楽しく!!

OZROSAURUS(オジロザウルス)は横浜代表!「045」はヒップホップ1クールな数字!

日本のヒップホップシーンにおいて、クールな数字って分かりますか?

何かのジャンルに数字が紐づいている場合って多いですよね。
デニムならば、「501」「101」
スニーカーでは、「23」
渋谷だったら、「109」
アイスだったら、「31」

答えは、「045」!!
(「420」という数字もありますが・・・笑)

これは、何の数字か・・・・
答えは、横浜市の市外局番です!

実はこの横浜の市外局番の3桁をヒップホップ1のクールな数字にしたグループがいます。
それがOZROSAURUS(オジロザウルス)
通称は「オジロ」!

f:id:BitCorleone:20190805194459j:image

(転用元:https://clubberia.com/ja/artists/1931-OZROSAURUS/

 

オジロとは

元々は、MCであるMACCHO(マッチョ)とDJ SN-Z(スニーズ)との1MC+1DJ体制。(初期はDJ TOMO)

今では、バンド体制になり6人組へ。
この2名に加え、ベテランバンドマン4人が加入しました。

出身は勿論横浜、「ハマの大怪獣」とも言われています。

横浜という日本で言えば東ですが、音楽は西海岸スタイルです。
本場アメリカで言えば、ドクタードレーなどですね。

バンドになるまでの大きな特徴が、「G-Funk(ジーファンク)」と呼ばれるもの。

特徴として、ヒップホップの基本的な手法であるサンプリングに加えて生楽器も多用していること、シンセサイザーによる特徴的な旋律、ゆったりとしたグルーヴ、サビにコーラスを多用することが挙げられる。
(Wikipediaより)

 

個人的には、日本で最もG-Funkを上手く落とし込んだのがオジロかなと。
そして、それを下敷きに更なる次元へと到達したのが大きな功績です。

僕が思うマッチョの凄さ

ラップ編

日本のMCでおそらく世界で通じる稀有なMCの1人がマッチョ。
一言でいえば、「タフネス」と「パワフル」!!
多分バイブスとパワフルさで言えば、日本一!

以前、バイブスがすごいMCとしてMr.Qを紹介しましたが、少しタイプが違います。

www.bit-corleone.com

 
Mr.Qは、論理で攻めていますが、マッチョはもう完全に「野生」と「センス」で火花飛ばしているイメージです。
まず、声が抜群にかっこいい、一回聴くと絶対忘れない。
様々な曲のfeatで参加していますが、一発で分かります、「あ、マッチョいるやん」って。
それくらいパンチの利いたラップをするんです。

メロウな雰囲気でも、決まっているのですが、やはり輝くのは畳み掛ける攻撃性の高いラップをする時に真骨頂を発揮します。

今まで、地下迷宮に閉じ込めていた怪物を一気に解き放ったみたいなもんです。
エネルギッシュに暴れまわりますね、いやはや。
バンド体制になってからの曲ですが、この曲オススメ!

youtu.be

パンチライン編

また、楽曲で数々のパンチラインを残しています。
ちなみに、パンチラインとは「聴かせどころ」、名台詞くらいに覚えててくればOKです。

 

リリックの中身は自分の分身
どの口が、何言うかが肝心


これは、先月に行ったライブでも、ZORNが言っていました。
「マッチョくんも言ってたけど、どの口が何言うかが肝心だと思っていて~」と。

 

バイブスは満タン


この表現も、非常にサンプリングされますね。
確かに、バイブス周りの表現って確かに少し分かりづらいですよね。

「バイブスいっぱい?」、「バイブスたくさん?」、「バイブス多め?」
オジロ聴いてバイブスという名詞の後ろにつく形容詞として、正しいのは「満タン」なんだなと知りました。
過去の今井 華にも教えてあげたい。(笑)

アカペラで聴けねぇラップじゃねぇぜ。

 

このフレーズも、良くサンプリングされてますね!
ラッパーたる自負が溢れています。

 

俺なら耳元だぜ

 

天から降るように閃く言語

 

この2つのフレーズは、好んでマッチョが使っています。
オジロやマッチョ客演の聴いていると、自然に耳に残りますね。

Rhyme&Blues

では、オジロを知ってもらうための1枚。
「Rollin’ 045」と悩んだのですが、今回はこちらで!

 

f:id:BitCorleone:20190805194416j:image

 

オジロ節全開の3rdアルバムです、横浜と西海岸の風を感じる名盤。
ちなみに、音楽雑誌のMUSIC MAGAZINEやBLASTでBEST HIPHOP ALBUM 2006に選ばれたとのこと。

まず、大きな特徴は「G-Funk」!
たゆたう様なメロディーに、美しい声の女性コーラス、そして力強くも地に足が着いたマッチョのラップが混ざります。
この作品は間口の広さも大きな魅力、普段ヒップホップを聴いていない人でも違和感なく聴くことができるはず。

そして、やはりオジロだなぁと感じるのは、きちんと攻めの姿勢も見せていること。
激しい曲、黒いドープな曲もちゃんと味わえる!

その中でも、白眉は「Disrespct 4 U」
これはラッパーKrevaに向けたディス曲です。
(「ディスる」という言葉自体、「ディスリスペクト」の略語です。)

FeatのZeebraもバチバチにかましてますね。
マッチョの痛烈なディスや、いかついライミングも鳥肌もの。
ジブラも英語のライミングを、違和感なく織り込むスキルフルな面を見せつけてくる。
ていうか、この2人にこんなけ言われたら、俺やったら泣いてまうで・・・笑

個人的には、このアルバムはドライブの時に聴きたいですね。
車の運転は得意ではないですが。(笑)
もともと西海岸は車社会、西海岸で生まれたヒップホップは車で流すための音楽なのです。

オジロをかけてドライブすれば、クールでホットで不思議な風が吹くはず!

 

Rhyme&Blues

Rhyme&Blues

  • アーティスト: OZROSAURUS,ZEEBRA,BIG RON,SORASANZEN,SAY,Kayzabro,般若,GHETTO INC
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2006/03/15
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

まとめ

神奈川県横浜市は日本のヒップホップで最もホットなスポットの1つ。
そして、そのハマのてっぺんにいるのがオジロザウルス。
つまり、オジロを聴くことは、日本のヒップホップシーンの核心に迫るのと同義なのです。

まだ聴いたことない人は、是非聴いてください。
特にこんな人にお勧めです。

・バイブスが欲しい人
・日本語ラップの基礎を押さえておきたい人
・テクニカルなラップが聴きたい人