会社員コルレオーネBLOG

読んだ後に人生が少し良くなる、文章を読むのが好きな人のためのブログ

職場の人間関係はめんどくさいものと心得よ!新入社員の3年間めんどうくさい女性と揉めていた、そんなもんやで!

スポンサーリンク

会社で嫌いな人はいますか?僕はいます、この4月に異動したばかり(しかも基本在宅)なので正確に言うといました。というか、職場で嫌いな人がいないサラリーマンなんていませんよね?笑

 

僕は入社して3年間、とある50代の非常にめんどうくさい女性と犬猿の仲でした。というか、一方的に迷惑をかけられていたという方が正しいかもしれません。

 

・職場の人間関係が嫌すぎる
・会社のあの人が嫌いだ

 という方に向けて書きました。新入社員の方で会社の人間関係で悩んでいる方も多いかと思いますが、実際そんなもんです。身も蓋もないですが。笑 僕の話を聞けば、まぁ頑張ろっかなくらいに感じてもらえるのではないでしょうか。

f:id:BitCorleone:20200422170138j:image

会社には必ずめんどうくさい人はいる

まず、心構えとして「会社には必ず会わない奴いる」と思っておいた方がいい。社会人になった同期・先輩・後輩と話していても、絶対に職場の嫌いな人の話が出ます。「うちの課長が◯◯な奴で・・・」とか「職場の同僚が××なことしてくてきて・・・」とか絶対聞く。

 

でも、冷静に考えれば当たり前です。大企業の定義って従業員300人以上だったはず。つまり大企業に勤めている人は300人以上の集団に属していて、多分同じ部には10~20以上の人がいるでしょう。育ちも年齢層もバラバラ、となると絶対に自分と合わない人もいて当たり前。

 

SMAPの「セロリ」という曲でも歌われていますが、まさにこの通り。

育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない

メンタリストのDaiGoも「職場で仲の良い友人がいると幸福感が2倍近くになる」みたいなことを言っていました。つまり、フィーリングが合う同僚がいるだけでそもそも儲けものなのです。

 

新入社員の方には、「会社で嫌いな奴はできない方がどうかしている」くらいに思ってもらった方が気が楽になるんじゃないかなと。 ご多分に漏れず、僕もある人と3年間揉め続けていました。笑

僕は、めんどうくさい女性とずっと揉めていた

1年目〜出会い〜

入社して同じ部署だったとある女性Sさん、50代の未婚女性。最初は穏やかな感じでした。飲み会で席に隣になる機会もありましたが、普通におしゃべりして特に険悪なムードになることもなく。

 

最初の半年間は問題なく過ごしていたのですが、色々こじれ始めたのが下半期から。自分が所属していた部署は上期は比較的落ち着いた時期、そして下期が繁忙期。Sさんは能力のキャパが少なく、忙しくなると非常に感情的になるというのが後々分かってきました。

 

しかも、怖いのが自分の業務をまるで理解しておらず、一緒に作業をしていてミスしたら完全に僕のせいにしてくるのです。当時の課長も良くなくて、仲裁に入っても感情的にまくしたてるSさんの言い分を聞いてしまう。 

 

よく考えれば、課長は男性でSさんより年下。新入社員の同性の僕の方が起こりやすかったんでしょう、とりあえず僕を叱り何となくその場を収めるみたいなことが度々ありました。まぁ、でもこれって新入社員あるあるなのかな。笑

f:id:BitCorleone:20200423105217j:image

そして、なかなか辛かったのがその部署の平均年齢が40近く、20代の同僚がほとんどいないという状況でした。つまり、愚痴れる人が身近にいなかった。今から思うと、それでも年齢の近い先輩に相談しておけば良かった。

 

思い返せば、予防接種をしたのにも関わらず、この年にインフルエンザになってしまったのです。しかし、何を勘違いしたのかSさんは「あいつは予防接種を受けてなくて、インフルにかかったダメ新入社員だ」と色々な人に言いふらしていたらしい。予防接種していましたと訂正したのですが、思い込みが強いのかそこから2年くらい言われ続けましたね。笑

 

人間って、後からよくよく考えればおかしなことでも、周りに賛同してくれる人間が全然いないと「自分が間違ってるのでは・・・」と感じてしまうんだなぁと。大きな社会の常識・マナーよりも、属している小さな環境のルールを正しいと錯覚してしまうんですね、洗脳とかこれに近いのかも。

 

そんなこんなで、色々あることないことを僕のせいにされ、怒られながら1年目は終わったのでした。

2年目〜ひとまずの別れ〜

新年度に入ってからも、しっかりいざこざは続いていました。4月にある業務がSさんから僕に移ったのですが、その際に「私忙しくて、引き継ぎするつもりないから!」とまさかの一言。職務放棄の新しい形を見ましたね。

 

決定的な事件が起こったのは2年目の6月。この際に、急ぎの業務がありその準備物の手配はSさんが担当していました。しかし、一部手配漏れがあり作業は後ろ倒しに。準備物が揃ってからが僕の作業となっていました。

 

数日後、Sさんがキレてきます「急ぎだから早くしてほしいんだけど、どれだけ時間がかかっているの!」。僕は今まで溜まっていたものもあり、イライラしながら「Sさんの手配にミスがなかったら今頃終わっていましたよ。」と返しました。

 

すると、、、、なんとSさん泣き出す・・・嘘やん・・・

 

ここから何故か課長にめちゃくちゃ叱られた僕。あまりの理不尽な日々、いっそメンタル不調で会社休んでやろうかと心療内科にとりあえず行ってみたのもこの頃。結果的に全然問題なく会社に通い続けるのですが。笑

www.bit-corleone.com

 

そして、この数ヶ月後に僕は同じ部の中の別の課に異動。まぁ、これに関しては僕も至らない部分ありSさん以外の要素も大きいのですが。その経緯は以下の記事も書きました。新入社員の方は是非読んでみて下さい。

www.bit-corleone.com

 

とにもかくにも、別の課に異動になりSさんの仕事上の接点は無くなりました。このまま収束するかに思えたのですが、、、

3年目〜遂にキレたぜ!〜

そこから1年くらいは平和でした、3年目の夏頃までは。この時期に、僕が元いた課の先輩が転職することに。その際に、人手不足ということもあってかその先輩の業務でSさんとしていたものが僕のところに降ってきます。

 

そして、忘れもしない2019年10月。この時期何があったか覚えていますでしょうか。そうです、「消費税が10%に増税」という大イベントがあったのです。その業務は消費税が増税したことで非常に作業が増えてしまったのです。

 

業務を理解ではなく、機械的に覚えてしまっているSさんに応用なんぞはできません。当然僕も急に降ってきた業務なのでまだそこまで理解できていない、Sさん頼りです。

 

結果的に終わったのですが、僕もSさんは心底イライラ状態。Sさんからすれば、「あいつは役に立たない」と思っていたでしょうし、僕からすれば「なんでずっとこの業務やってて分からないんだよ」という想いでした。

 

そして、ある日遂に僕はキレました。今まで、僕に関してあることないことを周りに言っていたSさんが、僕のしていた行動を完全になかったことにして、上司に告げ口。その結果、僕はめちゃくちゃな叱責に遭いました。。。

f:id:BitCorleone:20200423075928j:image

 

詳しい経緯は以下記事を読んでみて下さい。オフィスの中で「怒り」を表に出すことについて書いています。

www.bit-corleone.com

 

僕はここで強めにキレたのです。そして、Sさんは泣き出し何故か数日間会社を休み。笑そこから僕に対する態度は少し変わりました、若干ビビっていたとでも言いましょうか。

 

しかし、そこから数ヶ月が経ち、ある日Sさんと仲が良い違う課の課長に呼ばれます。何事かと思いきや、「Sさんはあれからショックを受けている、前揉めたのが原因らしいねん。」まさか、、、いい大人が、、、そしてこう続けました、「だから謝ってあげてほしいんや。」

 

2,3周り年上の人から仕掛けられたのに、僕が謝る羽目になるとは。。。3年目になると、年齢が近い中途社員の方が入社したり、新入社員が入ってきたりと昔よりもくだけた話ができる人が増えました。

 

雑談している時に、同年代の同僚には「コルレオーネくんが謝ることないよ。」とか、「あの人に絶対謝ったらダメですよ!」などなど励まし(?)を頂きました。

 

しかし、その課長がSさんと僕が話す場をセッティングしてしまい、とうとう謝る羽目に。最初の数分で僕が「すいませんでした。」と謝罪。そこからSさんのターン、一言目が「悪いと思っていたなら、なんでもっと早く謝らなかったの?」、めんどくせええええええ!!

 

そして、そこからなんと1時間もの間1人で怒りを言葉にし始めました。長い、ひたすら長い。。。そして、27年間生きてきた中で最も無意味な会話。。。数ヶ月経ったのに、まだこんなに根に持ってるんや。。。

 

つまらない話を聞くと心底疲れるものだなぁと実感し、その会は終わりました。ちょうどその時期に、僕は東京転勤が決まっていたので「まぁ、もうお別れだからいいや・・」と思っていました。しかし、最後にまだ一撃残っていたとは、この時は全く知る由もなく。。。

www.bit-corleone.com

まとめ

ということで、職場にめんどうくさい人は必ずいます。もしかしたら自分がめんどうくさい人かもしれませんが。まぁ、何にせよ「会社には自分と合わない人がいないわけがない」と思ってもらえれば納得できることも増えるはず。

 

そして、Sさんとの後日談。うちの会社がそうなのか、どこの会社でもそうなのか、異動や退職で部署を離れる人に送別品を渡すという文化があります。異動前の最後の出社日に、後輩が代表して買ってきてくれて、新生活で使うであろう家電をもらいました。

 

そして、その費用は部の全員でカンパというのが通常の流れなのです。なのですが、後輩がトイレに行く為廊下に出た際に、後ろから呼び止められたそう。振り向くとSさんでした。

 

後輩「Sさん、どうかしましたか?」
Sさん「私コルレオーネくんへのプレゼント代払いたくないから!」

後輩「ッ・・・」

 

というわけで、Sさんを除いた人数で割り勘したそうな・・・笑 その後輩とは仲が良く、最後にお酒を飲んでいた際に教えてくれました。後輩もSさんが嫌いで、「本当にありえない」とさすがに呆れていましたね。

 

さてさて、最後のやり取りで人間関係こじれ具合に輪がかかりましたね。笑 まぁでも、人間は出会う人全員に好かれるのは無理ですが、全員に嫌われるのもまた無理だと思うのです。

 

開き直って行きましょう!

 

ではでは!