会社員コルレオーネBLOG

サラリーマン人生を充実させよう!相棒は映画・音楽・本!

出世したくない若者の心理!僕は出世したくない!!

近頃の若者は出世したがらない、何故か??
かくいう自分も出世には全く興味のない若者1人、そんな若者を代表して書いていきます。
出世のメリット・デメリットを考察していきます。

 

どうすれば人生が最も楽しくなるか、それこそが大事です!

f:id:BitCorleone:20190529210258j:image

 

出世は人生にとってはリスキー!?

出世で考えられるデメリットとしては、以下ですかね。 

・責任感が責任が重く給料が増えるが拘束時間も増える

・めんどくさい人間関係も増える

要するに人生の自由が減る訳です。
管理職になって暇になるパターンもありますが、責任とったりする必要もありますので精神的重圧も大きくなりますね。 

そして、現代の若者が出世したくない理由はこんな感じかな。 

・そもそも、今の会社にずっと勤める気がないから
・副業が充実しているから
・仕事にそこまで熱意が持てないから
・会社の上司を見ていて、憧れ・理想となる人が1人もいないから


実際、データにも出ているようです。
出世にこだわっていない人もやはり多い様ですね。

f:id:BitCorleone:20190529210309j:image

デメリットを深堀り!

出世すると面倒くさい


まず、そもそも管理職になるということはとてもめんどくさい事だと思います。
確かに給料は増えますが、上からのプレッシャーだったり、部下からの不平不満が出てきます、板挟みになること必至なのです。
そして、自分が不満に感じている上司も多くおり、そんな人達を見て自分も偉くなりたくないと思わなくなってしまうのです。

 

社内知名度が高いと面倒臭い

まず偉くなろうと思うと基本的には、社内の集まりに顔を出なければいけません。
「出世する為に必要だと思うこと」の2・3位にあたりますね。
僕自身社内の集まりとかは全く行っていません。


社内に顔を売ったところで、特にメリットはないと思うからです。
ただただ、人間関係が増えてしまい、面白くない飲み会や、大変なことが増えるだけだと思っています。
会社の人とほぼ飲みに行ったことがありません、あっても半ば強制的な部内の歓送迎会位のものです。
ゴルフに行ったことも一回だけありましたが、継続せずに終わりました。
休みの日に、会社の人と遊んだ経験もほとんどありません。
ですが、正直これで良かったと思ってます。
帰りのエレベーターで誰かに会って、そのまま流れで飲み会みたいな人生の無駄使いをしたことがないからです。
最も社内知名度が低い人間になりたいとさえ思いますね、ええ。

 

如何に自分の時間が確保できるか、義務的に行っている会社の人との時間をどこまで最小限にできるか。

現状を変える為には、現状の人間関係を変えるべきなのです!

 

転職が当たり前の時代到来

そして、「今の会社にずっと勤める気がないから」と言うこともあります。
現在転職市場は拡大の一途を見せています。
1つの会社に定年まで在籍すると言う人もだんだん減ってきています、そのうち終身雇用制度も崩壊するんじゃないかと思っています。


新卒で入って出世して役職につくのは、早くても大体入社して10年以降でしょう。
そう考えると、10年間同じ会社にいなければ、もう関係ないのです。
例えば、会社の同期が出世しても、自分だけそうじゃなかったりすると確かに面白くはありませんが、誰も出世しないうちに別の会社に行ってしまえば何でもないのです。

 

本業より副業で生き甲斐を感じている

 副業が充実しているからと言うこともあります。
副業は現在政府も解禁し公認しており、本業以外でも達成感や充実感を感じることが容易になってきていました。

f:id:BitCorleone:20190529210425j:image

これは持論なのですが、出世をして月の給料が例えば10万円増えるよりも、副業で10万円収入がある方が正直ありがたい。
転職しても、副業は継続できますし、収入先は複数ある方が望ましいからです。
なので、会社で労力だったり時間を使うのではなく、副業の方で成果を出したいと思っています。
矛盾した表現にはなりますが、優先順位は「本業<副業」なのです。
僕の場合はこのブログですね。

 

仕事に熱意が持てない

私は今の仕事は正直全然楽しくありません。
やっていても、別にやりがいもありませんし、会社の人もそんなに好きではない人が大多数。
なので、この人達の為に頑張ろうという気も全く起きません。
ただただ、お金が欲しいだけです。
過去記事にも書きましたが、会社員である事のメリットは固定給がもらえること、社会的信用を得られるということです。
まぁ、この2つは享受でできているかなとは思います。

www.bit-corleone.com

 

実際、先日古い知り合いと合う機会があり、会社に勤めていてと良かったと心底感じました。
もし、フリーターやニートだったりすると肩身が狭かったでしょう。
少し気まずい思いをしたり、気恥ずかしさがあったりするはず。
実際、会社に属していてお金が毎月が確実に貰えると言うのはなかなかありがたいものです。自営業だとそうはいきませんからね

憧れとなる人がいない

側で見ていて、憧れになる先輩や上司の人がいない。
接していて、この人みたいになりたいなと言う全くいません。
どころかこの人みたいになりたくないなと言う人がほとんどです。


部内の直系の上司を見ていたりすると、10年後はこの人のポジションで、 20年後はこの人で30年後はこの人でといった様に想像できます。
しかし、それは出世をしてうまくいった場合に限ります。
上手くいっても、その程度なのかと悲しくなりますね。

まとめ!

この状況を打破する大きな手段としてはやはり副業に取り組むことになるかもしれません。
株であったり、ブログであったり何かしらの副業を始めてそちらに取り組みましょう。
それは自分の趣味の延長でいいと思います。
なぜなら、仕事では楽しくないことをさせられているので、副業ぐらいは楽しいことをしてもいいんじゃないでしょうか。
なので、自分が楽しそうだと思えることや興味を持てることを見つけ、会社の人間関係を最小限にして全てそちらに注ぎ込むべきです!

 

副業に、エネルギーや情熱を注ぎ、そしてそのうちにそれが花を開いて、本業の収入を超え出したら、副業を本業にシフトチェンジします。
結局、会社員であれば大金持ちになることはできません。
小金持ちにはなりますが、一生ラットレースから抜け出せないのです。

 

なので、これからの人生の歩み方としては、自分が好きなこと・情熱を持てることに捻出した時間を注ぎ込み、が実を出るまで続けること。

個人的に参考になった本はコレ!

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ

 

 

会社や仕事で嫌なこと、辛いこと、めんどくさい人間関係、したくないことなどなど色々あるかと思います。
ですが、出世などせずに、自分の時間を充実させ、人生そのものを楽しみましょう。
僕も今の目標は、「楽しい人生を送ること」。
仕事で成功したいのではなく、トータルとして人生を考えています。

 

ではでは!